回春エステのパンチラ

回春エステを語る前に、メンズエステという言葉を定義しておきましょう。メンズエステという言葉は複雑で、おおむね3つの意味を持つとされます。

・ダンディハウスのような一般エステ

・派遣型風俗の1ジャンルとしてのエステ

・店舗型でお店によって様々なエステ

今回の話題はいわゆる最後のやつです。独立したエステティシャンが営業している真面目なエステもあれば、マッサージの技術はそこそこで「回春」と呼ばれるやや際どいサービスがメインの怪しいお店まで幅広いジャンルが存在します。厳密には性的サービスはないという建前となっていますが、男と女2人きり、密室なので何が起きても不思議ではないような気がするのですが…

とりわけ「回春」をウリにしているお店の衣装だとけっこう肌の露出も多いのが現状でして、そんな女の子にやさしく際どい所を触られたにも関わらずヌキ無しで終わったとしたら、勃起したのに解消されないという非常に悶々とした感じでお店を出ることになります。そして結局抜いてくれる店に行くため、性欲処理のためのコストが無駄に高くなってしまうリスクが発生したりする。

ところでこのタイプのお店というのはけっこうパンチラスポットだったりします。衣装がタイトミニでマットタイプのお店の場合は高確率でパンチラゲットです。そもそもベッドタイプのお店は完全にリラックスすることができず、パンチラのチャンスもほとんどないため個人的にはあまりオススメしません。(スタッフ的にはベッドタイプの方が楽らしいのですが)

風俗ライターという部分を活かして、たまにはパンチラ意外のネタも書いていきますかねー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る