出会い系サイトの今

今から10年ちょい前の話。まだスマホもなく、ソーシャルメディアもせいぜいmixiかなという頃、かなりの数の出会い系サイトなるものが世の中に存在していました。2000年代に入って「パソコンからのインターネット接続が定額制に」というのが定着したことで、その盛り上がりに拍車をかけたというのが裏事情としてあります。

それから10年が経過し、現状が気になって色々と調べてみました。当時から優良であると言われていたいくつかのサイトは今でも生き残っていて、出会い以外の様々な機能を有した「ポップで明るい」場所になっていました。

未だにセクシーな女性がサイトのトップに鎮座していたり「不倫」を全面に出した所も見られますが、あれはいわゆる「絶対に出会えない系サイト」です。お金だけたくさん取って実際の女性は誰1人いません。その辺は次回にでも書こうと思いますが、未だにこの商法はしぶとく残っているんだなと。

しかし、この手のサイトがまっとうな形で生き残るためのキーワードはその辺りにあったのでしょう。当時も今でも出会い系サイトのイメージはいかがわしいものであり、一般的なソーシャルメディアと違って利用していることを公言することはまずありません。

だから、表面上だけでも裏街道路線から脱却すること。またソーシャルメディアの盛り上がりを受け止めた機能の追加と、アプリ化を含めたスマホへの完全対応。これができない「そこそこ出会えたはずのサイト」の多くがどうやら淘汰されていったようです。

ただ、生き残っているサイトについても早晩終わりのタイミングがやって来るかなという印象を受けました。その方向性は決して間違っていないと思うのですが、かつてあった独特の怪しい魅力は削ぎ落とされて軽さしかない。パンチラ規制に見せパンやキャミ、これらと同じような世の中の流れの一環なのでしょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る