対面パンチラの思い出

電車内の対面パンチラについて語る機会が多いのは単にそれが大好きだからなのだが、そうなるに至ったきっかけというものがちゃんと存在する。あの経験がなければ、パンチラは好きでも違ったジャンルが好きになっていたかも知れない。コートを着ていたので冬だったと記憶している。ただ自身が高校生だったか卒業してからだったかは曖昧になりつつある。人の記憶はいつだって曖昧なのだ。

まして記憶は時が経過すれば尚更で、本来のものとはかけ離れていることも。盗撮という行為が耐えないのは、犯罪行為とはいえ記憶の不確実さに対する不安という面もあるような気がしてならない。人間の脳が辛い記憶を忘れるようにできているらしいのは悪いことではないが、逆に嬉しい体験を忘れたくないと思うのも人として当然だと私は思う。当時どうしてもほしいAVがあった。

東京にでも行かない限り地元では絶対に手に入るわけもなく悶々としていたあの頃。大した下調べもせず行けない距離ではない東京を目指して長時間電車に乗ったが手に入らず、そこの店員が私のエロ熱意に感動したのか知り合いのお店にその場で電話してくれ、そこに行けば取り置きしておいてくれるという手筈となった。ただ肝心の作品自体はそこまでして手に入れた割には微妙だった。

昔のAVなんてのはそんなもので、パッケージ写真と実際の女優は全然違う顔をしているし、ひどい場合には本編に全く存在しないシーンをあたかもという感じでパッケージ写真に使っていることすらあった。買わせるためには客との騙し合い、出演させるためには女の子との騙し合い。今まさに一部で問題となっている出演強要というのは、もはや業界の構造上の問題でもあるように思う。

肝心のきっかけはその帰路に起こった。リュックに厳重にしまわれたAVと共に電車に乗っていると20歳くらいのギャルが正面に座った。濃いデニム地のタイトミニスカート姿だったのだが、膝上20cm超? 同級生は既に女子高生スタイルが確立されていた時代とはいえ、そのレベルは見たことがなかった。これが後にマイクロミニといって、厚底ブーツとセットで世に広まることになる。

これはもしや… 鼓動が高鳴る。座った当初は脚を組んでガードしていたものの、あの短さでは焼け石に水というもの。すぐに脚組みが終わり、ここから伝説のパンチラタイムが幕を開ける。ずーーーーっと白いパンツが逆三角形の形をして、これでもないくらい鮮明に30分以上見え続けていた。ギャル本人は気づいていないのか、隠すことを諦めたのかノーガードで見られまくっていた。

股間はずっと興奮状態で爆発しそうだった。もう記憶はぼやけてしまっているけれど、あの白の印象だけは今でも脳裏に焼き付いている。その日は家に戻って、購入したAVとパンチラの両方でオナニーをした。ただAVの方はせっかく買ったしお金かかってるから… という義理感覚でオナニーしたのに対し、ガチオカズはギャルの対面パンチラの方だった。思い出すと股間が疼いてくる。

さすがにここまでずっと見え続けていると、嬉しい反面、何だか申し訳ない気持ちになってくるものである。なので電車を降りる時、妙に気を使いそのギャルに対して「パンツ見えてるよ」という今考えれば極めて不毛な一言をかけようと近づいた。ただ相手にはものすごい不審者に思われ、しっかりと距離をとられて厳重に脚を閉じられた時の表情は今でも忘れられない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る