可愛い女の子はその後も可愛いのか?

容姿や容貌の差で人生に差があってほしくないというのは誰もが願うことではある。ただ現実的には幸福度に影響とまではいかないものの、損得レベルでの話であれば間違いなく大きな差異が存在している。例えば幼稚園とか保育園の年代なら小さい子であるという理由で世間から可愛い存在として認知されるものである。自身のその頃を思い出してみると可愛い女の子とそうでない女の子という「区別」は既にあった。

ただそれは世間的な評価の固定までには至らず、その頃の外見に関する評価の差はそれほど重要ではない。ただこれが小学生くらいになるとだいぶ容姿や容貌での差が大きくなる。可愛い女の子はちやほやされることで高度なコミュニケーション能力を身につけることになり、見た目だけでなく人間性の面においても確固たる力を持った「モテる女性」への道を歩み始めるのである。ただし、まだ全てが決まるわけではない。

非常に興味深いのは、小学生くらいの時点で可愛いと言われた女の子が全てそのまま大人になっても美人になるとは限らない点である。ここに中島朋子さんという女優を例に挙げる。子役時代から『北の国から』シリーズで蛍ちゃんを演じていて、それはそれは可愛らしい女の子だった。その後も大人になっていく蛍ちゃんを演じ続けたわけだが、一方で視聴者は徐々に「あれ?」という感覚を抱くようになっていく。

あのまま可愛い蛍ちゃんが美しい大人の女性になっていくことを勝手に想像していたからである。今や子役時代の可愛らしい面影はほとんど残っていない。つまり中学生くらいまで待たないといけないわけであり、油断してはいけないのである。さすがに中学生や高校生になってまで可愛いと言われる女の子はその後に太ったりして外見が変わるリスクはあるにせよ、基本スペックはもうそんなに変わらないと聞く。

私は同窓会とか興味ないので全く行かないけど、ちょっとその辺については調査目的での興味あるかなぁ。

↓かわいい子はやっぱりかわいい!!
アダルト動画:味見段階で早くもパンツにシミが付くほど感じる敏感な女の子「かな」ちゃん【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る