ニットに巨乳でデニムのミニ

デニムのタイトミニというのは、比較的誰でもかわいく見える定番ファッションの1つですが、同時に着ている女の子によってエロいかどうかがだいぶ変わる格好でもあるのではないかと私は思っています。

私の知人が大学生時代に学習塾で講師のアルバイトをしていて、そこに講師とは別に試験監督とか教材整理などを担当する女子大生のアルバイトというのがいて、その中に学習塾っぽい感じとは違う雰囲気の女の子がいたそうです。

まず見た目が色黒。スポーツ等による日焼けではなく明らかに日サロで焼いた感じだった。そして講師と違い服装はある程度自由だったようですが、ある日の服装が赤のニットにデニムのミニスカート姿でかつミュール。一応デニムとかミュールは公式な場ではあまりふさわしくないと言われているけどおかまいなし。

そしてかなりの巨乳の持ち主だったようで、ニットからは2つの大きな果実がこれでもかといわんばかりにその存在をアピールしていたとのこと。さすがに目のやり場に困ったようです。そしてその服装の日、彼も教材整理を手伝うこととなり狭い教室で2人きりで仕事することに。

そこで初めてその子とじっくり話したようですが、口調もいわゆる舌足らずでおバカっぽい感じだったようで、これはまた軽そうな女の子の典型みたいな存在だったと聞きました。作業中も彼の目の前でしゃがんだり胸を反る素振りを見せつけてきて、さすがにパンチラまではしなかったものの、しゃがむとスカートがずり上がってムチムチの脚が露になるし胸の大きさは強調されるわで勃起しまくりだったとか。でも襲う勇気はなくそのまま何もなく終了した様子。あれは惜しいことをしたと彼はよく言っていた。

結局、そんな服装で見た目のままでOKなわけもなく、塾長に怒られてイヤになってすぐに辞めてしまったらしい。当たり前だけど残念な話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る