現役女子高生だったかも知れない(クリスマス特別編)

注)これはあくまでフィクションということでお読みいただけるといいかも。

クリスマスの日に贈るエロ情報は、10年ほど前の12月の出来事について。当時の私はあまりまともなお仕事にありつけず、アルバイトをしたりして糊口を凌いでいた。ライターなんてものはどの世界でも一流どころ、有名どころでもない限りそれだけで生活していけない悲しい生き物である。生活そのものは今も大して変わらないけれど、特にあの頃はとにかくどん底の日々。

街は12月の風情を醸し出していて、楽しそうに繁華街を歩く恋人同士を羨望の眼差しで睨みつけていた。しかしそんな感情をむき出しにしているような男に素敵な女性が近寄ってくることなどあるわけもない。たまたま見かけたいやらしい身体つきの女性の記憶を自宅に持ち帰り、脳内で無理やり犯しては単独プレーで自らを慰めるような荒んだ日々が続いていた。

素人女性とセックスしたいが見つからない。かといって風俗では高額で手が出せない。となると出会い系だということでヒマさえあればメールを送り続けていた。当時よく使っていたのは『ノエル』で、出会い系サイトのブームの頃に遊んでいた人にはおなじみの無料サイト。偶然にもそれはクリスマスを意味する言葉であり、根気よく続けているとたまに出会えることも。

ただ勝手に同時登録される『ノワール』と『ノエルグランデ』は本当に悪質なサイトで、いくらメールを送っても出会えないサイトだった。私はその性質を知っていたためそっちはすぐに退会していた。『ノエル』では何人かの女性と会うことはできたが人妻でそこそこ年上。抱き心地は悪いとまではいかないものの、やはり年齢からくるいくらかのくたびれ感は否めなかった。

そんな時にたまたま知り合った自称23歳の女性。メールがいい感じに盛り上がって渋谷で会うことになった。当時の渋谷はまだセンター街が危うい空気を醸し出しているような頃だった。初回デートということで顔合わせしたが、これ本当に23歳かな?と一瞬思った。風俗同様、出会い系の世界でも年齢詐称は日常茶飯事で、たいてい実年齢より上が相場と決まっていた。

しかし今回は逆である。デザイン関係の会社に勤めていると言っていたが極めて童顔で、服装も社会人という感じはあまりしない。そしてその童顔はとにかく最近結婚した卓球の福原愛にあまりに似すぎていた。見た目だけなら現役さんでも通じるぞこりゃ。まずはということで普通にカフェでお茶をした後、2人きりになるためにカラオケボックスに行くことに。

私は勝手に舞い上がっていたので、カラオケそっちのけでイチャイチャすることに。有名な卓球選手似の彼女を抱き寄せキスをする。キスは拒まないがそれ以上は初日はダメだということもあってそれ以上は進展せず。次回デートの約束を取り付けて初デートは終了。次のデートではいいよと言っていたのでかなり脈はあった。初回なしは彼女なりのポリシーだったらしい。

2回目のデートも12月の夜だった。今回はもう小賢しい駆け引きは必要なく、出会ってそのまま百軒店のホテルにしけこむ。彼女は相当のスキモノだったらしく部屋に入るなり私を求めてきたが、まずは2人でお風呂でも入ることにした。当時の私は女の子に一緒にお風呂に入り、身体を洗うことにこだわりを持っていた。なので相手に断られない限りはずっとそうしてきていた。

彼女の身体を洗おうと近づくと、全体的に丸みのある身体つきでとてもきれいだった。おっぱいが大きいことは前回の時点で確認済みだったが、印象に残ったのはその形。単に大きいだけでなく真っ直ぐ前を向いている。こんなおっぱいはこれまで見たことがなかったので驚いた。 胸や股間を手で洗ってあげると気持ちいいのか卑猥な声を上げていた。これってもしかして…

私は高校時代に同級生や先輩後輩、つまり女子高生の彼女がいたことはなかった。ある程度の大きさのある胸であっても、加齢とともに垂れてくるというのはこれまでサイトで出会ってきた女性を見ていて何となく理解できた。しかし重力に対抗しようとがんばっているこの女の子の力強い胸を見ていたら、男の本能として単に幼く見えるという枠組みが間違いだと確信した。

「これはおそらく現役だな」

身分証明書を確認したわけではないので確証は何もないが(※)、あえて言えばその肉体が物語っている。罪悪感みたいなものが沸くかと思ったがそんなものは全くなかった。なぜなら彼女があまりにド変態過ぎたからである。ベッドに戻ってからずっと私のモノを口に含んでしゃぶり尽くしていた。とにかくこうしているのが好きみたいで、楽しそうに奉仕してくれていた。

そうこうするうちにいざ本番となるのだが、彼女の側から「生がいい」宣言が飛び出す。様々なリスクが考えられたが断る理由がなかった。じゃあ遠慮なくということでそのまま突入させてもらった。決して巨根の持ち主というわけではないのだが、彼女からすると「おっき過ぎる」サイズだったらしく快感に溺れまくっていた。結局その日は3回戦を消化することに。

会おうと思えば次のチャンスもあったが、その後しばらく生活のための仕事が入っていることもあり次回デートの約束はとりつけなかった。結局そのまま音信不通になり2度と出会うことはなかった。今何しているのかな…

※ 当時は出会い系サイトにおいて年齢認証は不要で、こういうケースは他にもあったものと想定される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る