さようなら回春マッサージ

これまでに何年も回春店に通ってきたので、色々な体験をしてきました。風俗店では当たり前のようなサービスを、それより安い価格設定である回春店でやってもらえることはある意味で勲章です。まあ太客なんでそのくらいやれというお店側からの暗黙の指示だったり、あるいは女の子が独自に判断してつなぐための策として実行してるだけなんですけどね。

回春店は風俗店のように許可をとってやっているわけではありません。表向きには風俗的な行為はなく、あくまで「健全な」マッサージだけなので許可を取る必要がないということなんですが、実態はどうかといえば女の子の衣装は肌の露出が多く、回春とかリンパとか言って股間の周辺を触るマッサージはだいたいどこのお店でも実施されています。

その時点で「健全」という文言の持つ意味は何であるのかという疑問は尽きません。つまり回春店という業態そのものがそもそもの時点で非常にグレーな性質を帯びた存在なのです。いずれにしろそんな姿の女の子と部屋で2人きり、しかも股間周辺を丹念に触られるという状況において普通の男であれば興奮しない方がおかしく、かなりの確率で勃起してきます。

それを見た女の子はどうするかというと、そのまま無視してマッサージを続ける子もけっこういます。お店のルールに忠実に従うならそれは間違ってないのですが、無粋な行為であると言わざるを得ません。普通にこちらの気持ちを汲み取ってくれる女の子であれば、よほどお店が厳しい感じでない限り無言でその直立した肉棒に手を伸ばして、懸命に上下に動かしてくれます。

わざわざ「触ってもいいですか?」と聞いてくる女の子もいるのですが、そんなこと聞く必要ないんですよね。本来はタブーであろう手コキ奉仕をしてもらうことをいかにデフォにするか、これが回春店を楽しむ上での最低限の目的です。その上でどこまで楽しませてもらえるかは、女の子との相性やその場の雰囲気だったり、場合によっては交渉だったりします。

1番敷居が低い定番の作戦は脚を触らせてもらうことです。奥まで触るのはダメというパターンが多いものの、膝の周囲や太ももくらいまでなら容認してくれる女の子は多いです。まずはこのスタイルを確立させた上で、あとはどこまで先に進めるかという点に、回春店の最大の楽しみがあると言っても過言ではないでしょう。女の子側からすれば面倒な客ですが(笑)

そしておっぱいを触らせてくれるかが、次の大きな壁になることが多いです。やはりそこには抵抗があるからなのか、実際におっぱいNGである女の子は多いと思います。ただ直はダメだけど服の上からならOKという女の子もいるので、これもまた交渉の仕方次第ということでしょう。お触りが許されればあとは普通に直接触ってしまえばいいだけなのですから。

回春店は、お店にもよりますが風俗店と比べると時間あたり料金で3,000円~5,000円程度の差があります。その代わりプレイタイムのほとんどがマッサージで、回春やリンパと呼ばれる行為は最後の10分~15分くらい。なのでエロ行為を全面的に求める場合には、どっちが得なのか損なのかという点では微妙な所でしょう。よほどいい展開にならないと得とは言えないかも。

手コキをしてもらいながら、脚や胸を触ってフィニッシュという展開までいけたら楽しんだ方でしょう。でも本当に色んなタイプの女の子がいるので、それ以上の展開に発展することもごくごくたまにあります。そういうのは年に1回あるかないかというくらいの出来事なのですが、せっかくの機会なのでそのいくつかをここで紹介してみたいと思います。

都内のあるお店の女の子はチンチンが大好きらしく、頼みもしないのに自主的にフェラチオをしてくれました。ただとにかくしゃぶりたがるのですがあまり技術がないのが最大の難点で、途中で切り上げてもらいましたけど(笑) 今でもそのお店もその女の子も存在しているので、行こうと思えばいつでも行けるのですがもういいかなって思っています。

別のお店では、おっぱいの大きい女の子に交渉してパイズリをしてもらったこともあります。パイズリなんてどうせ風俗でもやってもらったことがあるしなぁ… なんて思っていたら大違いでした。あの背徳的シチュエーションだと気持ち良さが数倍に跳ね上がります。もう少し長くやってもらっていたら勢いよく放出してしまうんじゃないかという所までいきました。

あとは、今は潰れてしまったお店ですが女の子とセックスしたこともあります。当時27歳の全体的に身体の造りが大きい女の子でしたが、私のおっぱいの触り方がよほどよかったのかグチョグチョに濡れてしまい、我慢できないから入れてほしいと言われたことがあります。えーと近藤君の準備はないけど生でもいいの? と聞いたらちゃんと持ってました。

きっと他の客ともそういうことになっている淫乱な女の子だったのでしょう。まあでもそんなことはヤレるのであればどうでもいいことで、ガンガン突き上げてやりました。声の出せない状況で口を自分の手で懸命に押さえ、喘ぎ声が漏れるのを必死に抑えている女の子の姿って興奮するんですよね。その後しばらく連絡を取り合ってましたが現在は音信不通状態です。

そんなたくさんの思い出がある回春店ですが最近はあまり行っていません。遊び過ぎて飽きてしまったというのがその理由です。世の中何でもそうですがやりすぎると輝きを急激に失ってしまいます。これから回春店デビューしたい人がいて、もし情報提供を希望するようであればご連絡下さい。それなりに楽しめるよう無料でレクチャーいたします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る