広瀬すずさんに対するコメントを見て

昨年の10月の終わりくらいのことですが、広瀬すずさんについて少しだけ記事にしました。その内容はどんなものかというと、彼女の人気ぶりと今後懸念されることについていくつか書いただけなのですが、それらは当時既に誰もが思っていたことだったんだなと感じました。先日何かのニュースで彼女に関する記事を偶然見たのですが、そのコメントの数々がかなり辛辣。

社会常識に欠けている、女子高生が終われば需要がなくなり人気は陰るだろう等、記事で触れたようなことが連発されていました。まあでも20歳くらいまでは女子高生役で引っ張るんじゃないでしょうかね。実際のところ18も19も20も私から見れば違いはありません。いくら現役とはいえブスな女子高生の制服姿よりは、それなりにかわいい退役の制服姿の方が求められるものなので。

色々と見ていると、結局のところ男の影がちらついていることに対する嫉妬や憎しみがコメントに出ているだけのような気がします。あのコメントを書いている人は熱烈なファン(だった)人たちなんだと思います。自分が大好きなすずちゃんに彼氏ができて悔しい! みたいなことなのかなと。彼女に対してある種の清純さみたいなものを求めてたんでしょうかね。

たとえどんなに顔立ちやイメージがそういう雰囲気を醸し出していたとしても、10代とか20代前半の女の子は男に貪欲な生き物です。同年代やちょっと年上くらいの好きな男ができたらすぐに付き合いたいと思うのは自然なわけで、端から見るほどに清純なんてことは皆無だと思って間違いない。学校の勉強が置き去りでかつ日常的に素敵な人と出会う芸能界ならなおさらでしょう。

そしてそんな若い女の子が、よほどのメリットでもなければ歳の離れたおっさんのことを異性として興味を持つことなんてありません。そんなことに嫉妬しても仕方のないことなのです。逆に言えば、絶対に関わることのない相手だからこそ、安心してオナニーのオカズにできるのではないでしょうか? 一般人にはそれで十分過ぎるくらいのご褒美でしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る