シエロ閉店と回春の一時代の終了

最近かなり忙しいのと飽きてしまったこともあり、回春店にはめっきり行かなくなってしまいました。ただ今でも様々な情報を集める目的で「週エス」等のポータルサイトは定期的に覗くようにはしています。今回はあるお店が閉店したと思われる兆候を見つけたので共有します。直接電話して確認したわけではないですが、ホームページが閉鎖されていたので間違いないかと。

これは回春の世界では「あるある」な話です。気分的にそろそろ遊びに行こうかなと思ってホームページにアクセスするとつながらない。電話をかけても出る気配がない。回春店の閉鎖は前触れもなく突然のようにやってくるのです。中には名前や地域を変えて再オープンするお店もあるし、実際それを頻繁に行っているようなお店もありますが、このケースはどうなるんでしょうかね。

ここ数年は遊びに行っていませんでしたが、このお店にはけっこう思い入れがありました。もう潰れていると思うので知ってる限りの話はオープンにしちゃいますが、かつては「ルーブル」でその後に「ファシル」になり最後は「シエロ」と名前を変えていきました。もしかしたらそれ以前の歴史もあるのかも知れない。そのくらい非常に長寿でかつ愛された(?)お店でした。

ちょいちょい移転はしているのですが、基本的に日本橋茅場町の界隈でずっと営業してきました。例えば今でこそ東銀座に移転してしまいましたが、そこそこ長く同地域で営業していた「ジャック」というお店も元は他地域からの参入組だったと思います。私の経験上、同じ地域をずっと根城にしていたケースは珍しいかも知れません。どうしても内容上グレーから黒になりやすいからです。

このお店を一言で表現するならば「安定感」でしょうか。特に「ファシル」以降はワンルームで2人きりになれる空間、コスチュームは黒のミニワンピでパンチラへの期待もバッチリ押さえてある。そして本来はアウトなのですがちゃんと最後に最低限は手コキで抜いてくれる。正直マッサージのレベルはお世辞にも高いとは言えないものの、抜きありデフォは本当にありがたかった。

厳密には「2回目ルール」というやつだったらしいのですが、太客になりそうな予感があったのか初訪からしっかり手コキありでした。おそらく多くの方がそうだったのではないかと(笑) 例えば新規開拓をして満足いく結果が得られなかった際に、おかわりというか後始末の目的でよくシエロに電話しました。そういう存在がいなくなると、思い切って新規開拓する勇気も沸いてきません。

こういう話になると決まって出てくるのが、回春を抜きの有無で評価する奴は似非であるという論調です。特に「したらば」や「爆サイ」のような掲示板でよく目にするようになりました。回春店が潰れる理由というのは客が入らず儲からないか、抜きその他の「風俗的行為」がバレて閉鎖に追い込まれるか、近隣住民にバレて移転せざるを得なくなるか、のどれかしかありません。

かつてのように風俗と回春の間に明確な価格差があった時代には、回春店で抜きなしでも客はある程度は納得したと思います。ところが今や回春店は全体的に大きく値上がりし風俗と遜色なくなってしまいました。この状況において「抜きなし」というのはどう考えても割に合わないんじゃないか。2万円くらいのお金を払って何もなしで罷り通る方が普通に考えておかしいと思うのですが。

むしろ言いたいのは、もし回春嬢から「手ならサービスできるけどどうする?」と言われて拒絶することができるのでしょうか? 結局ニヤっとして受け入れるに決まってるしそれが男の性というものです。手コキ否定論者はこの業界が末長く続いてくれることを望んで、過激なサービスに対する警鐘を鳴らしていただけなのかも知れませんが、正直キワキワだけでは射精しません。

ここ数年の間に、個人レベルではともかくお店全体としてヌキありというスタイル日本人の回春店ではほとんど見られなくなりました。これは回春と呼ばれるジャンルの一時代が終焉を迎えたことを意味しているんだと感じています。おそらく10年以上の歴史を経て、経営者も回春嬢も世代交代が行われた結果、かつての何でもありな運営スタイルから変化してきているんでしょう。

そもそも回春というジャンルは、風俗へのアンチテーゼのような形で盛り上がってきた側面があります。その回春自体がいわゆる「草食化」しているというのは極めて皮肉な話ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る