デートした回春嬢、ついに連絡が途切れる

まあ当り前と言えば当たり前の話なのですが(笑) このお話の前提を知らない方はこちらのリンクより読んでみて下さい。全くもって盛り上がりの要素のない映画デートの時点で次がなさそうだなという予感はあったものの、こういうのは2回目のデートが成立するかどうかで今後の流れが決まってくるわけです。ポジティブに2度目のデートプランを何度か提示してきましたがついに反応ゼロへ。

最初は「その日は仕事で」とか「他の予定が入っています」という社交辞令の返答があっただけマシでした。これまでの似たようなケースではそもそも初回のデートすら成立しなかったし、その前の連絡のやりとりすら起きなかったわけなのでだいぶよかったんだと思います。相手もこの手の業界未経験だったこともあってかなりスキがあり、あまり考えもなく連絡先交換に応じた感は否めません。

だからこそ早期決着が肝であるということは自覚していて、そもそも不利な条件からのスタートなのでいかに勢いで2回目のデートをスピーディーに決着できるかを意識して行動してきました。元々お店も月1くらいのペースでの勤務だったのですが、そのお店の方にもここ数ヶ月全く勤務していない様子を見るとこれはいよいよ飛んだのかなと推測しています。こればかりは仕方ない話ですな。

業界未経験であることをいいことに、ヌキ厳禁のお店でしたが毎回手コキしてもらうよう誘導してきましたし、おっぱい揉んだりクリを弄んだりもしました。お店のコスチュームが変わってパンチラし放題に変わった時にはパンチラ撮影もさせてもらいました。それが原因だった可能性も大いにあるのですが後悔していません。1つあるとすれば挿入したかったなぁということくらい。

とても敏感で身体の相性もよさそうだったため非常に惜しいですが、また何かの機会で会えたら幸いですかね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る