夢の国、パンチラ盗撮と自己責任論 前編

前にいわゆる「夢の国」のパンチラ事情についてここのエロ情報でも触れたことがあります。制服姿の若い女性(なんちゃってJKも含む)がたくさんいるからこその大量パンチラなわけですが、今ではもはやあの場所はパンチラ天国を通り過ぎて「パンチラ無法地帯」となってしまったようです。施設の運営側もがんばって警戒にあたっているようですが、もはやこの醜態を完全に解消するのは不可能かと。

他のパンチラサイトやブログでも夢の国がパンチラスポットである旨の記事は最近よく目にします。またLibido-Labo作品を一部販売サイトにて出品する業務のお手伝いをしていて、他の出品者の作品を購入しないまでも参考程度にチェックはします。すると明らかに「あの国」にて撮影したと思われる作品をいくつか見かけます。まあ盗撮する方が一方的に悪いのですが、あえてそこに少し異論を投げかけてみたいと思います。

撮られていることに気づいてないものを盗撮するのは最も悪質な行為である一方、世のパンチラ嗜好家にとってはそれが最も勃起するシチュエーションだという事実があります。これはパンチラ盗撮の基本であり、だから日常生活と盗撮は切っても切れない関係にあるわけです。よってアトラクションに並んだりパレードを立ち見している時こそ、スカートの中を覗かれることへの防衛意識が求められます。

それで盗撮の全てを防ぐことはできないかも知れませんが無防備よりはずっとマシです。ただ個人的に思うのは、明らかにそういう防衛意識を放棄したためにパンツを見せてしまっている女性があの国の住人にはあまりにも多いのではないかということです。言い方には語弊があるでしょうが、結果的に自らパンツを見せたのと同じであるような仕草や行動が当たり前のようになってはいないだろうか?

あるサイトで見た画像には、短いスカート姿で地面に胡座をかいたり、下から覗いてくださいねという場所に登ったり腰かけたりしている女の子の姿ばかりがそこにありました。あれじゃいくらなんでもパンツが見えて当然で、それが夢の国がもたらす非日常への高揚感という理由づけでは無理があります。もし夢の世界にいるのだからパンツ見えてもいいのであれば、それはもはや夢ではなく下品な現実です。

まあ彼女らとて、自分のパンチラシーンがネットに流布し販売されることまでを望んでいるわけではありません。またいくらパンツを見せていても彼女らを盗撮することを正当化する理由にはならないのは当然です。そして盗撮者のためでなく自分が楽しむために短いスカートを穿き、人によっては普段と違い見せパンを省略して生パンツなのでしょう。とはいえもう少しお行儀よくして欲しいもの。

たとえパンチラ天国だとしても、そんなに下品なパンチラを見に行くつもりもないし、それほどまでに下品な立ち振る舞いをしている姿を見てシニア層は眉をひそめ、小学生や中学生の子どもたちはあれを見て数年後に真似るわけです。それはあの夢の国が様々な作品で提供するヒロイン像と全く間逆であり、彼女らの存在が自らのブランドイメージを壊しかねないものになりつつあるのではないかと。

私にはそんな気がしてなりません。この件に関しては、次回もうちょいと書きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る