セラピスト紹介の画像の先にあるもの

以前も触れましたが、回春とかメンズエステとか呼ばれるジャンルのお店において、セラピスト紹介画像は客側にとって極めて重要な情報源です。周知のことと思いますが撮影手法1つで嬢の印象は大きく変わるので、明るさ補整による虚偽美白や比率の修正による痩身加工をちゃんと見抜いて脳内で変換しましょう。こういう作業ってまさに大人の世界における「人生の勉強」と呼ばれるものの1つだと思うんですよね。

画像にあるものが真実とは限りません。それは外見(年齢や体型など)だけでなく、もう少しでパンツの見えそうなタイトミニのコスチュームであったとしても、実際の施術は全く違うもので行われるなんてこともよくあります。写真を見てタイプだったからといって慌てることなくちゃんと電話で確認が必要です。そしてその程度の内容を聞いて回答しないような店はどんなによく見えても行くべきではない。

そこに隠したい事情がたくさんあるからです。結局は飛び込まなきゃ詳細はわかりませんが、お店によっては「どんな感じの女の子ですか?」と聞くともう少し情報が得られることもあります。これは風俗の世界では当たり前ですが、ちゃんとしたお店は可能な限り女の子の特徴を教えてくれたり、場合によっては好みを聞いた上でオススメを提案したりします。その日の気分もありますがマッチングが非常に大事なのです。

もちろん盛られる情報もあるので過信は禁物。経験上「リアル不ニ子」と銘打ってる嬢に限ってデブスが多い。とはいえお店側が嬢のことをよく把握していて、セールスポイントを見つけているからこそPRできるのです。現場責任者や店番にもダメ人間が多いのが回春の世界ですが、こういう所をしっかりしているお店なら女の子との相性はあるにせよ、行ってよかったと思える可能性はグッと高まることでしょう。

常識的な感覚を持っているお店であれば、新規で来たまともな客であれば長く通ってもらえるようにしたいと考えます。非常識なお店は客を騙して次から次へと新しい顧客を求めるので長続きしないんですね。新規って言ったってこの業界初めてという客はそれほど多くなく、大概は他のお店を経験した客でありそれなりに目が肥えています。それは「新人嬢≒業界未経験」というありがちな構図とよく似ているわけで。

どこまで対話でき、どこまで交渉の余地があるのかというのはそのお店を探る上で外せないポイントだと思います。

↓さりげないパンチラこそ宝(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る