やっぱ胸ばかり見てるのかなぁ

なぜか最近胸元上着や手で隠されることが連続しています。あれは相手がお店の女の子とかならまだいいのですが、さすがに社会生活をしていてあれが続くとちょっとマズイと思うわけです。そんなに胸を見つめていたと自分では思っていないのですが、そういうことが続くってことはやっぱりそう思われているんだろうなぁと少し反省している今日この頃なのです。

これがパーティーとかで胸の開いたドレスとかであって、ある程度本人も見られることを意識している場合はまだいいのかも知れません。まあそれとて変態的な眼差しはNGでしょうけど、アピールしているのだからこっちもオープンに誉めるべきでしょう。ただ見えない胸元や乳房を一緒懸命に見つめられる(またはそう感じる)というのは想像以上に不気味なのかも。

自分でわかるだけで3人。そのうち2人はもしかしたら巨乳なのかなっていう雰囲気はありました。残る1人はそんなことはなかったのですが、よくよく考えてみるとシチュエーションが悪かったような。巨乳と思われる女の子2名は相手が立っていて自分が座っており残る1人は逆に自分が立っていて相手が座っていました。同じ視線上にいなかったことが理由なのかも。

確かにおっぱいの大きい女の子は上から谷間へということもあるでしょうが、ボリュームがあるので下乳への視線が気になるのでしょう。逆に微乳の女の子の場合は圧倒的に前屈みになった時の胸元の方が隠したい要素なのかなって何となく思いました。それに合致していたから視線が行ってなくても見られていると感じた可能性はあります。それならまあ仕方ない。

この件はもう少し検証する必要がありそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る