山口達也の件から女子高生を考える

大方の予想通り山口達也が離脱し4人で活動ということになったみたいですねTOKIOは。今の世の中、女子高生に手を出して非難されない大人はいないんじゃないかって雰囲気なので仕方ないと思うのですが、この話の裏にある部分について考えてみようかなと。なぜ父親ほどの年齢の男性が現役JKをヤろうとしたのかということで、それは何を意味するのか。

アルコールがどうとか、立場の差を利用してという部分はこの際ナシにしましょう。まず外面に関して、純粋な一般男性の感覚として女子高生は魅力的なのかどうなのかと言われたら「YES」だと思います。それは制服がもたらすマジックなのか、ミニスカートに生脚という若さ溢れる恰好がそう思わせるのか。もちろん個人差というか個体差はあります。

それは美醜という最も根源的な観点にとどまらず、子どもっぽい子もいれば大人びた感じの子もいるわけです。さすがに子どもっぽい方に嗜好があるのは問題だと思いますが、メイクや服装で大人っぽくなったりしている場合は普通に「女」に見えて仕方ないかと。ましてやテレビに出て芸能活動している女の子であればなおさらだと思うんですよね。

雰囲気が大人びた感じにも関わらず、身体は若いわけだからそりゃ最強じゃないかと。もしこれがただの女子高生っぽい女子高生であれば「ああ、何だか若いなぁ」くらいで欲情しないはず。エロく見られるにはそれなりの理由があるからではないか。その一端を担っているのが、流行を作り出している側のタレントやアイドルや読モなのではないかと。

例えば『Rの法則』に出演していたタレントは人気者になれない側の人間たちですが、それとて一般社会の感覚からすれば十分イケてる女子高生であったことは間違いありません。彼女らの着ているコーデは必ずしも年相応(そもそも年相応というのが難しいのだが)のものではなく、肌の露出も多く大人びた感を演出しているものが多かったように思います。

あれも好きで着ているのではなく、番組側からあてがわれたものを着ているだけかも知れませんが。そしてそれを模倣する一般JKたちもいたわけでしょうが、テレビに出ている人たちと一般人が同じ格好をしても体型も肉付きも違うわけでかわいい路線を狙ったものが単なるセクシーになってしまうことも。ではそれに対して本人たちの自覚はあるのか?

つまりそれは内面的なことで、彼女たちは自分の姿が性対象となるものになってしまっていることに気づいているか? あるいはわざとそうしている可能性はあるのか? という絶妙な問題にさしかかるわけです。たぶん世の中の大半の女子高生たちは私服であれ制服姿であれ、自らの服装に性的なメッセージを含めているつもりがないと主張するでしょう。

それならなぜ女子高生のパンチラ盗撮が蔓延するのでしょうか。それをエロいと考えている人がたくさんいるからです。メッセージというのは往々にしてズレるものであり、かわいいからスカートを短くするのは自由ですが周囲はその通り受け止めてくれるとは限りません。ただ例の『どぶろっく』のように誇大妄想する人はかなり希なんでしょうが(笑)

彼女たちの多くは自分たちの持つ稀有な性的魅力に気づいていると思います。もちろん中には全くエロい意図はないのだけど、色々と天然で胸元が見えたりパンチラしちゃう女の子も一定の割合でいます。そういうのを除けば自分たちはエロい目で見られている、あるいは自分たちがその気になって迫れば落ちない男性はいないことをわかっているはず。

女子高生に限らず女というのは打算的な生き物です。好きな相手を誘惑するためなら少々危なっかしいこともできちゃう。もっと言えば好きな相手といつ何時どうなるかわからないので、常に完璧にかわいくしておきたいし少々エッチな演出も入れときたい。ただ残念な話なのですが、常にそう発しているメッセージはあくまで「好きな人」に向けてのこと。

何とも思っていない、むしろ不快に思う相手にそういうメッセージを受け取ってもらいたくないのが本音でしょう。ただエロいと受け止めるのは決まってそういう相手であり、それは父親と同世代のおっさんも多い。ここでもやはり伝えたい意図はズレるのです。話は戻りますが、芸能界は大人の世界であり年長者に気に入られることは必須でしょう。

若くて大人びた格好の10代女子が、自分を慕ってくれているようにおっさんは思うかも知れません。もちろんJK側には先輩タレントとしての憧れはあるかも知れませんが、根底は仕事を円滑にするためとか気に入ってもらって他の仕事につなげる意図があってのこと。そこに抱いてほしいという考えは、よほどのおっさん好きでもない限り皆無なわけです。

ただ受け止める側は繰り返されると「気があるのかな?」って勘違いすることもあるのでは。まして大人っぽくて若い子ならドキドキしちゃうことを避けるのは困難でなはいか。だから理想はお互いに「ちょっとエロい目で見ちゃうかもだけどそこまで」「エロく見られているだろうけど実害ないしまあ仕方ないか」くらいで留まることなんじゃないか。

そうすれば世の中はもう少し平和になるんじゃないのかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る