ちんちんを触ってくれた日②

昨日の続きです。数年前にメンズエステで出会った10代美女、あまりエロいマッサージはしてくれなかった。その後再訪できずNG扱いと思われていたが何年後かに指名してみたら普通に入れた、というのが前回のお話でした。さすがに数年単位で再訪ともなると相手の女の子も覚えてません。「初めましてですよね?」と聞かれましたが残念ながらどう考えても違います。

これはメンズエステあるあるですが、男の方は女の子のことや施術内容をけっこう事細かく覚えているものです。ただ嬢の方はどうかというと相当に印象に残った相手でなければすぐに忘れてしまうもの。というか前回入った時の記憶はなくても記録があれば「あーあのヌキを何度も迫ってきた、非常に面倒なおっさんだな」ということは事前情報として入っているものでしょう。

思い出したくない相手ということもあって、初顔という設定で押し切るつもりなのかも。いやー実は同じような名前の人に1度入ったことがあるような記憶があるんだけどね~なんて切り替えしてみたけど、それでも反応は特に変わらず。ポーカーフェイスが上手いのかそれとも本当に覚えてないのか… 女の人はこういう所がよくわからないところでもあり、非常に面白い。

このお店はどのくらい? という質問に対する返答も想定よりもだいぶ短い。あれ、これは本当に同じ名前の別人なのかと自身を疑い始める。時々そう言うお店はあって、辞めた女の子と同じ名前を別の新人にあてがわれると本当に紛らわしいものである。身の上を聞いていくとそれはやはり3年ほど前と同じ話なのであの時の女の子だと確信。じゃあ今は21ってことかね?

普通は再訪なのに初訪扱いされるのは普通寂しいものだが、今回は特殊なケースなので別にガッカリ感は全くない。何だか微妙に細かい設定が違う気がするし、逆に自分の記憶が曖昧なような気もする。もはやどっちでもいいような気がしていてその流れに乗ることにした。目的は議論することではなくて楽しむことなのだから、別に些細な違いなんてどうでもいいのだ。

やりたくない相手ならよほどのプロ意識がなければ表情か施術に出るのが通例である。ところがそういう雰囲気はなくあたかも初訪のお客さんのように丁寧に接してもらっている。マッサージそのものは相変わらず進歩していないのだが会話が弾んでとても居心地がいい。前の時もこんなに受け答えが上手だっただろうか? 年齢と経験を重ねて男性の扱いがうまくなったのかも。

でも結局はヌキ無しちゃんなんだよなぁ… という覆せないゴールは脳裏から離れない。リンパの時間が近づいてきていた。

(翌日に続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る