性奴隷としての女子高生

今これだけ現役JKと付き合うリスクが高いと言われているにも関わらず、勇敢というか無謀というか女子高生を彼女にしている非高校生は一定数いるようです。もちろん父親のような年齢の男性は珍しいケースであり、高校の先輩だったりバイト先の同僚だったりで年齢差もせいぜい2~3歳くらい。ちょうど大学2~3年生くらいなのでギリギリ許容範囲といえばそうなのかも。

一応相手は未成年だから、ということで節度を持った真面目なお付き合いをするカップルも少しはいるようですが現実にはそんなことはありません。男の側からすれば現役女子高生にエロ奉仕させたいという願望はそれなりにあるらしいのと、またJK側もそんな彼の要求を容易には断れず喜ばせたいという思いからけっこうあっさり性関係に走ってしまうということです。

それこそだいぶ前に記事にした男は、ムラムラした時は電話1本で呼び出してはフェラチオとかさせていたと自慢げに話していました。文字通りの性奴隷で相手のことはおかまいなし。その女の子は果たしてそれで嬉しかったのか、それとも嫌々ながらやっていたのか。あるいはそういうことを考えさせるヒマも与えないほど支配していたのか。その手法は今でもよくわかりません。

若年層に性奉仕させたい、というのは男が持つ共通の隠れた願望なのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る