アロマギルドについて

昨日のネタを受けて書くことにしました。私は全てのアロマギルド店舗に遊びに行ったわけではないので、マニアと呼べるほどに詳しいわけではありません。ただソフトもハードも非常にマニュアル化されているようなので、どっかに行けばほぼ全てを理解するのにそんなに時間はかかりません。一部には贅沢感を味わえるお店もあるらしいですが元々がねぇ…

これまで私が見てきた限りではどこも築何年だろうという萎びたマンション等の一室。リノベーションもしないので住居でメンズエステを体験することになります。そして換気も不十分なため高湿でカビ臭く、ラグジュアリーな気分なんてどこにもありません。ただこういった経営努力(?)のお陰で私たちは安価でド健全メンズエステを楽しめるわけです。

お店によっては20歳前後の若いセラピストもいますが、その反動というか平均年齢の調整を意識しているのか30代後半とか40代とか平気で採用します。そのニーズはいったいどこから? 働く側はいいでしょうけど、客として行く側のことも少しは考えてみて下さい。せっかくの貴重な時間とお金をほんのちょっと指名を渋っただけでその仕打ちはヒド過ぎる。

それでもレディースエステ経験者の熟女ならマシだと思うかも知れませんが、かえってレディースエステとかの経験があると変にプライドが高くて真面目な施術しかしないので面倒なんですよね。それに結局は年増なのだから喜ぶようなことはやっぱりないのです。いくら安いといってもあくまでメンズエステの中で安いだけなので結局は時間とお金の無駄に。

HPのセラピスト紹介を見たら不健全な欲望を抱きがちですが、楽しいことは何も起きません。男があの手のメンズエステに行くのはほぼ1200%下心からであり想定外のサプライズやドキドキできる体験を求めています。そしてそれがお店のルールとのせめぎ合いになるわけなのですが、アロマギルドのセラピストは器用な立ち回りができないというかしない。

できることなら触ったり触られたりせず楽してそこそこ稼ぎたい。ちょっと脚を触られるのもイヤがるし触らせるにしても短時間。年齢に関係なくそんな強い信念の元に勤務している彼女たちはアロマギルドのレベルだからこそこの仕事をしているのであって、密着だの何だのというサービスのある他のお店で大半が働けないしそもそも採用してもらえません。

短時間でお金を稼げる仕事をしたいけど、できればあまり性的な搾取をされたくないと考えるじ女性がいるのはわかります。ただその程度の覚悟ならこういう仕事をやるべきでない。いくら自分がそう思っていても聞く耳を持たない男性は一定数いるし、身の丈に合わないタイトミニ姿で仕事してもいいことなんてありません。それでピュアを装っても空虚。

私が過去にアロマギルドで会ってきた女性たちは誘惑することのできない、なんというか男にモテなさそうな女性の率が多いような印象でした。普通ならちょっとね~というレベルの女性がアロマギルドではメインターゲットになるのだから、不思議というかうまいというか面白いですよね。たぶん経営者がセラピストとして採用したい女性像なんだと思います。

経営者の色管(恋人のように接して女の子を管理すること)が絶えないなんて噂も。チヤホヤされた経験に乏しいから落ちやすいんでしょうね。ブス好きにはたまらないお仕事ではないだろうか? お店に来ないと味わえないような上玉ではなく、会社の同僚や後輩にいそうなレベルのお手ごろさ。安心感や癒しはあるかも知れないけどそこまでワクワクしない。

自分の所属している組織で同僚や後輩の女の子にセクハラしたい欲望がある男性にとって、アロマギルドの女の子のレベルはちょうどいいのかも。(セクハラ行為はそんなにできないけど) ただこの手のお店としてそういう女性ばかりなのはどうなんでしょう? 客はメンズエステに癒し以上のものを求めているという事実を聞いているふりをして無視している。

内容が何もないのならもっとハード面にこだわれ、とか勘違いさせるようなタイトミニは廃止したら? とか思うことは色々とあります。マッサージは若くてセクシーなお店よりは上かもしれませんが、よほどのパンチラ好きでもなければ楽しむ部分がないお店かなって。しかもそのパンチラもお店と女の子のコスチューム次第なので全店で楽しめるわけでもない。

非日常を味わうというよりは私生活の中でエステを受けたい。そういう欲望でもなければこのお店は避けておいた方が無難です。パンチラだけならお金を払わなくても日常生活の中でいつかゲットできますからねぇ。この程度のコンセプトのままでいつまで存続できるのか見物だと思っています。誰かアロマギルドでいい思いをした方がいたら教えて下さいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る