アロマギルドのミニスカート詐欺

先日お伝えしたアロマギルドですが、最後の砦だったパンチラサービスに制限がかかりつつあるという噂を耳にしました。これでいよいよパンチラだけを楽しみにしていた客層も離れていくことになりそうです。マッサージが強烈に上手いセラピストに当たれば得した気分かもですが、そもそものお顔のレベルがちょっとねぇというお店と思うので・・・

再度確認しておきますが、アロマギルドは必ずしも全店でパンチラサービスが楽しめるわけではありません。一部の店舗で、激ミニを穿かされている一部のセラピストのみです。例えば目黒店のセラピスト紹介を見ると激ミニスカートであるかのように錯覚しますが、実際に行ったことのある人に聞くとあれは嘘で実際はもっと長いスカートなんだとか。

撮影用の衣装というやり方はアロマギルド以外のお店でもよくある話です。画像のコスだと思って行ったら全然違ったなんてのは珍しくありません。そしてそういうことを何の説明もなく堂々とやるお店はだいたいハズレであることが多いです。せっかくなら施術のついでにパンツが見たいと思っている客は多いわけであり、その夢を打ち砕いている。

そしてアロマギルドの場合、撮影詐欺にはもう1つのタイプがあります。それは何かというと激ミニで撮影し、実際にその衣装で最初はやっていたが程なくして変えているケースです。実際にセラピストに聞きましたが激ミニと膝丈スリット入りのどちらを支給されるかは店舗運営者の判断らしく、背が高く脚の長い人は大体激ミニ対象なんだとか。

ところがアロマギルドの激ミニを体験した方はわかると思いますが、立っていようと座っていようとパンツ見えまくりレベルなので嫌がるセラピストも多く途中で変えちゃうことがあるんですね。んで変えたにも関わらず画像はそのままなのでトラブルになると。まあ男にチヤホヤされた経験に乏しい感じのセラピストなので見られ慣れてないのかなぁ。

普通なら集客のチャンスとか、印象に残すチャンスだとか考えるものですが残念な性根の子が多いから仕方ないのかも。パンチラのないアロマギルドなんて生クリームのないショートケーキのようなもので、アレルギーその他の事情は置いといてそれは果たしてショートケーキとして存在していいのかって話になるわけです。もはや詐欺でしかない。

それと、今はアロマギルドの世界にもキャミソールがだいぶ普及しつつあるらしく白ブラウスでも透けブラは拝めなくなっていると聞きました。これはもう何のためにお金を払って行くんでしょう? プロではなく普通っぽい子を求めてということなのかな? それとも単にブスに対する自発的なボランティア活動ってことなんでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る