セラピストのドタキャン

メンズエステに長く通ったことのある男性なら1度か2度は体験したことがあると思いますが、それはセラピストの急な欠勤に出くわすことです。厳密には2つパターンがあって1つは予約表に名前があって指名しようとしたら「お休みです」と言われるパターン。そしてもう1つは実際に予約していたのにお店から電話があり「お休みになりました」と言われるパターン。

ドタキャンする理由は色々でしょうし実際のところはよくわからないわけですが、最もあり得る理由としては「生理」なんだそうです。ある程度女性とのお付き合いが長かったり多かったりする方であれば「仕方ないよね」となるのですが、女性経験に乏しい男性だと「なんだよ~」ってなりがちです。まあ確かに遊べると思ったら不可は残念な気持ちにはなる。

かつて20歳くらいの女子大生セラピストに入った際にその辺の事情を聞いてみたのですが、なかなかまともな答えをくれました。見た目からしてどう考えても元キャバでそっちが無理でメンズエステに流れてきた(実際その通りだったのだが)彼女曰く、生理が酷い日に勤務したところで全力でサービスできず、店にも客にも嬢にもメリットを産まないからだそうで。

そして生理の時に無理に勤務するセラピストは絶対に長続きしないんだとか。その話についてはまた改めて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る