ほぼJKセラピストの是非

ここ最近は10代でメンズエステで働く女の子をちらほら見かけます。私がメンズエステにデビューした10年ほど前にはあまりいなかったのですが、時代はすっかり変わったもんですね。もちろん現役というわけにはいかないので卒業後ということになりますが、6~7月あたりからこの仕事を始めた18~19歳はちょっと前まで現役JKというケースがあり得ます。

そこに何かがあるかも知れない。ということで女子高生好きな男性は朝ドラじゃないですが「半分、女子高生」を狙ってこの時期の18歳とか19歳の新人目当てでお店に遊びに行きます。さすがに半年以上経過してしまうともうJKらしさは消えてしまいますが、3ヶ月前まで程度ならほぼ女子高生同然です。まさにこの時期ならではの風物詩といっていいでしょう。

私も「10代なんて珍しいな」と思って突撃してみたら少し前まで女子高生だったということはあります。その時の個人的な感想を述べると、メンズエステのサービス内容として金額の割にあわないなというのが実情です。そもそも指圧やオイルマッサージ自体の腕前が圧倒的に不足。そこそこマッサージがうまくなるためには、少なくとも4~5年の経験が必要。

なのでどんなに若くても23~24歳くらいにならないと、メンズエステの大半の時間を占めるマッサージで満足させることはできないのです。そしてむしろこっちの方が問題なのですが、セラピストによほどの性体験(特に攻めたり誘惑する側として)がない限りはリンパや回春にも期待できない。よって肝心の奉仕して興奮させるという技術にも乏しいのです。

男性のどこをどういう風に触ったら勃起するのか探り当てることもできず、全てがぎこちないので満足しないケースも多いです。人によってはそのぎこちない感じが好きでたまらないという変わった人もいますが、それでは全く料金に見合わないのではないか。なのでJKもどきのセラピストの場合、手コキだけでは役不足で身体を触らせてもらえないと厳しい。

そういうことは強要すべきでないのでしょうが、そうでもしないとはっきり言って金ドブ。せっかく来た以上は勃起して射精は最低限、いやむしろ通常のメンズエステ以上の経験をして帰りたい。私も過去に延々と「リンパ」と呼ばれる全く勃起しないマッサージを受けた代償として、胸を揉んだり乳首をコリコリしたりパンツの中に手を入れて指マンしたことが。

そして実際ほぼJKの身体に触れてみるとわかるのですが、肌のハリや若々しさという魅力はあるにしても大人の女性としての丸みや柔らかさは物足りない。よってこの年代の若いセラピストは総合評価で考えるとハズレというのが現実です。それでも一定の人気を誇るのは、やはり女子高生みたいな女の子にしか興奮しない男性というのは一定数いるからでしょう。

それはそれでやはり危険であると言っていいのではないのでしょうか? この時期ならではのJKもどきセラピスト、あなたは喜んで入りますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る