†クリスマス特別編† パパ活女子に会ってみた件

既にやめてしまったPCMAXですが、最後の最後で何かこれまでにしていない体験をしてみようと思って色々と模索していました。かといって援デリではブスとデブとメンヘラばかりだと聞くので全く気が乗らない。となると今の時代の流れからするとやはりパパ活だろうということでそっち方面の募集をしている女性にアプローチしてみたところ、1名だけやりとりが続いた子がいました。

かつてパパ活女子とメールのやりとり中に値切ってみた代償として「何様のつもりだ」的に罵られたことがありました。あれから比べてだいぶ私も大人になったものです。それこそ全く儲からないPCMAXのアフィリエイトもやっていましたが、どうやら「パパ活」という表現はアフィリエイトの世界では規制されつつあるようです。どうも「売春の温床となる可能性があるため」とか。

まあそれは表面上の話で、実際には男性会員離れの原因になるからです。運営側の最大の関心は「売り上げ=男性会員の課金」なので。そのためにはまず女性会員の分母が必要であり、さらには優良な女性会員をいかに抱えるかが重要。ここで言う「優良な女性会員」とはポイント消費と課金を誘発しそうな、出会うことを考えていて実際にデートできてSEXできそうな女性のこと。

もちろん若ければそれに越したことはないわけですが、いくら若くても実際にデートできてもお金がかかってSEXできない子が増えたら男性会員のモチベーションは下がります、パパ活女子は会うのは簡単だけど余計な出費がかかるだけでセックスできそうにない。そういう存在をサイト運営側としても放置するわけにはいかない。規制をかけていくのは当然の流れでしょう。

さて、世の中何事も経験が大事です。1万円くらいは勉強代だと思いその女子大生と会ってきました。初日なのでとりあえずカフェでお茶から開始です。もちろん初日だからといってお試しがあるわけではなく、1万円のお茶とはずいぶん高いものです。想像していたよりも真面目で普通の女の子でしたけど、彼女の自己紹介内容がどこまで真実かを知る術は私にはありません。

少なくともただの楽して金稼ごうとする人々という否定的な見方はいくらか和らぎました。でもまあ、毎月のように会うのは厳しいなぁ… というのが本音です。可愛い方だとは思いますが、今すぐ押し倒してでもSEXしたいかと言われるとそこまでの魅力はありませんでした。3回目までにベッドインできればちょうど安いソープと同じくらいの価格で素人と遊べるのかも。

一応、身体の関係も無しではないと言っていたけどそれは本音なのか? どうもそれは客引きの文言のような気がしてならず、以後は放置しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る