女子大生セラピストの是非

近年メンズエステの世界においては、現役女子大生を謳うセラピストが一大勢力として君臨しているようです。メンズエステに通い始めた10数年前、お店の女の子はどんなに若くても25~26歳の設定でした。それが足繁く通っていた最後の頃くらいから女子大生が増えてきて、むしろその年代の在籍が全くないお店というのはちょっとなぁ… みたいな空気になり始めていたのを覚えています。

女子大生セラピストを選ぶことのメリットは、詐称と言われるレベルでの年齢サバ読みリスクが少ないことです。やっぱ若過ぎるとヘタクソだと思われるからなのか、お店の意向もあってむしろ2~3歳ほど上にサバ読みされるというケースもあります。女は若さみたいな風潮が強い中、やはりメンズエステというのはそれなりに大人の色気みたいなものを重視しているということなのでしょう。

ただ、当然ながらデメリットもあるわけです。結局は技術面で未熟は避けられません。それは大半の時間を占めるマッサージだけでなく、いわゆるお楽しみのエロタイムにおいても同じことが言えます。実はメンズエステに流れてくる女子大生は経験が浅いとか未体験も珍しくありません。家が厳格過ぎて性的好奇心や性的自尊心を満たすためにメンズエステへ、なんて話も時々耳にします。

こういうのを聞くたびに思うのが、ある程度のレベルで家庭内でも性的にオープンにすることの必要性です。この手の仕事はお金が理由ですが、必ずしもそれだけの理由で娘がこういう世界に飛び込むわけではないのです。もしかしたら挿入できるかも、なんて淡い夢を抱く男性ばかりの世界に身を置くリスクとの戦いに身を置くのはそういうわけなのです。まあ現実はそう甘くはないですが…

個人差はあれど、メンズエステの世界においては年齢の若さと寛容さは反比例するものです。よほど性に奔放な女子大生でもなければ、あまり過度なサービスを許容してくれることはまずありません。「チップをはずむから」と言っても手コキですら拒否されることもよくあります。経験のないことに踏み込むことへの不安もあれど、若さゆえ安売りしないというのもあるのではないだろうか?

あるお店の女子大生セラピストは、22歳という設定でしたが実際は20歳でした。世間一般の感覚では飛び抜けてかわいいと言えないものの、そのお店のラインナップがあまりにも酷かったため相対的に人気嬢扱いのようでした。彼女は生理の日でも遠慮なく出勤してくる強者というか無神経さで、間近でパンツを鑑賞する際、明らかに違和感のある盛り上がりが発見されることもありました。

お店の方針もあるとはいえガードが堅く、数回遊びに行ってようやく生乳を揉むことができたのとタオル越しの手コキまでが限界でした。彼女は性体験はそれなりにあるらしく、もちろん挿入されたこともあるのに生でチンコは触りたくないとのこと。とてもこの世界が向いているとは思えないのと、もはやこれ以上の発展は期待できないだろうと判断したのでこれ以上通う価値はありません。

決してブサイクというレベルでもないですが、メンズエステで働く女の子としては明らかに平均以下です。彼女の例は極端としても、女子大生セラピストだと若さと見た目だけで結局は満足せずに終わる可能性が高まると思われます。それでもついつい若さを選んでしまうのは男の性なのでしょうけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る