Pcolleの気になる作品情報 その5(たぴおかの魔力)

正直ここまでのブームになるとは思っていませんでした。原宿においては「東京タピオカランド」なるイベントまで開催されているような状況だとか。ちなみにこの手のブームに疎い私ですが、かつて1度だけ賞味したことがあります。確かパールなんとかという名前のお店で、タピオカ業界においてはけっこう老舗の部類に入る所だったようです。ある意味ブームの先駆けだったのか(笑)

そのお店は既に閉店してしまっていましたが、今年まで続けてたら相当儲かったんじゃないのかなぁ。味はともかく、宝石のようにキラキラと輝くあの球体が若い女子たちにとってインスタの格好のネタなのでしょう。で、その女子中学生や女子高生や女子大生たちが好きそうなタピオカをひらがな変換し「たぴおか」の名でPcolleを席巻している販売委託者がいるのをご存じでしょうか?

このあたりの時流をつかんだようなネーミングセンスからして、ただただ脱帽するしかありません。ただし夢の国を舞台にした撮影作品というコンセプトそのものは、かのPcolleにおいて決して斬新なものではありませんでした。これは転生なのかオマージュなのかパクリなのか? 当初は色々な憶測が飛び交っていましたが、今やPcolleの絶対的エースであることは誰の目にも明らかです。

彼(彼ら?)の作品は時を追う毎に価格が上昇するシステムで、これもまた斬新な仕組みとなっています。気になる作品があればぜひお早めに!!

個人的にはやっぱこれがオススメかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る