メンズエステの歩き方②(元アパレル編)

長年メンズエステに通ってきた経験から、セラピストがこれまでにどんな仕事をしてきたかを聞くことでその日の展開が見えてくる。つまりは楽しい展開になるのかどうかがわかるようになってきました。今の世の中、メンズエステでいい思いができることはめったにないと言われています。結局は行ってみないとわからないわけで、1度行くということはそれなりの金額を浪費することになる。

本当ならば行く前にわかるのが理想ですが、なかなかそれも難しい。それでも突撃したい勇気ある殿方のために、これは行くべきかどうかの判断材料として参考にしてもらえるといいかと。どうしても事前に聞きたいなら電話番に聞いてみてもいいでしょうし、あるいは聞けないという方は、ホームページのセラピスト紹介を眺める際の参考材料にするのもあり。失敗リスクが少しは減らせます。

メンズエステを生業としている女の子は、大別するといくつかの「元○○」に分類することができます。今回テーマとするのは元アパレルというケースです。現在並行していてもいなくてもOK、どんなに短期間であっても1度でも経験があればカウントしましょう。アパレルは簡単に言うと服の販売をしている女の子たちのことですが、まあこれが薄給の代表格みたいなところがあるんですよね。

ちなみに元キャバ嬢のセラピストと同様、アパレル系もメンズエステ的にはハズレということが多いです。確かにかわいいとか綺麗な女の子が多い印象ですが、やはりエッチなサービスとなると「抵抗があります」とか言っちゃってやらないんですよね。メンズを扱ってるというケースは少なく、圧倒的にレディースで働いている女の子が多い。確かにそれなら販売に色恋が必要ないでしょうし。

誰でもできる仕事、常に若い女の子から一定の人気があり供給が絶えないためいくらでも代わりがきくらしい。月の手取りが12~13万円だとか、社割があるとはいえ常に服を買わなきゃいけないとかよく聞きます。それこそルームシェアでもしてないと家賃と生活費だけで金が飛び、遊ぶお金もないのが現状のようです。そんなアパレル業界では、副業としてメンズエステが支持されているとか。

メンズエステをやる目的なんてお金なのでそれはいいのですが、接客やってたからってできる仕事ではないんですけどね… 実際そんなに話が面白いとうことはほとんどないし、その点ではまだ元キャバ嬢の方がマシかも知れません。それでいて触れないんだったら辞めればいいのにって常に思います。勃起したくて遊びに行ってるんだから、それができない女の子にいてもらうと不都合だらけ。

とりあえずアパレル業界の方々、もう少しそっちでの待遇をよくしてあげてくださいな。そうすることでメンズエステ側での残念な経験が減りますので(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る