メンズエステの歩き方③(元風俗嬢編)

長年メンズエステに通ってきた経験から、セラピストがこれまでにどんな仕事をしてきたかを聞くことでその日の展開が見えてくる。つまりは楽しい展開になるのかどうかがわかるようになってきました。今の世の中、メンズエステでいい思いができることはめったにないと言われています。結局は行ってみないとわからないわけで、1度行くということはそれなりの金額を浪費することになる。

本当ならば行く前にわかるのが理想ですが、なかなかそれも難しい。それでも突撃したい勇気ある殿方のために、これは行くべきかどうかの判断材料として参考にしてもらえるといいかと。どうしても事前に聞きたいなら電話番に聞いてみてもいいでしょうし、あるいは聞けないという方は、ホームページのセラピスト紹介を眺める際の参考材料にするのもあり。失敗リスクが少しは減らせます。

メンズエステを生業としている女の子は、大別するといくつかの「元○○」に分類することができます。今回テーマとするのは元風俗嬢というケースです。現在並行していてもいなくてもOK、どんなに短期間であっても1度でも経験があればカウントしましょう。風俗と言っても色んな種類がありますが、とりあえず最も無難なものということでデリヘル出身者に絞ってもいいのかも知れません。

デリヘル等の出身者は展開的には「あたり」となる可能性が高いですが、金銭的には「やや微妙」ということが多い印象です。彼女らはそれまでの経歴上、手コキする程度のことであれば全く苦ではありません。また衛生面のリスクはあるものの、フェラすることもかまわないという女の子もたまにいます。ただそれらはメンズエステ上は一応アウトということになっている。そこでどうするか。

彼女らは手コキやフェラなどのいわゆる「風俗的行為」を「裏オプ」として商品にします。3,000円とか5,000円とか店を通さずに追加で受け取り、その上でサービスするという手段に出る傾向が強い。ルールを理解した上で逆手に取りビジネスにする強かさを持っています。ヌキという一定の目的を達成できるので一見よさそうに見えるのですが、実態は彼女らの術中にハマッているだけなので。

よっていいかと言われると微妙ですよね。今の時代、そういうチャンスが本当に少なくなってきているのはわかります。でもいかに元々の料金内でサービスしてもらえるかが、メンズエステの醍醐味だと個人的には思っているので。それにお金で何とかしてくれる嬢の存在は、お店の評判を確実に低下させます。客の立場としてもそういう子が1人でもいるとわかると、確実に足が遠のきますね。

結局そういう女の子って、長く細々と続けたいとう気はなく短期間で一気に稼いでいなくなるつもりなのですぐ消えるのですが。そしてまた別のお店で「新人」としてデビューし同じことを繰り返す。業界的にはやっかいな存在ではあるものの、人手不足が明らかな今の状況において、いちいち素性を見極める時間もないのです。それにかわいい子だったら雇っておきたいのはお店側の本音だし。

お金に余裕があり、何であれヌキを求めるなら別にいいんでしょうけど… 個人的にはあまり推奨しないかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る