Pcolleとメンズエステの共通点

もし世の中のあらゆる性サービスが非接触を前提に活動し始めたら、メンズエステという業態は真っ先に潰れます。そして、むしろコンテンツマーケットの方が生き残るという選択肢もあり得るのではないか。ここ最近の世情を見ているとそんな気がしてなりません。さて、メンズエステの世界にもガチとヤラセとまではいきませんが、楽しいお店とそうでないお店があるのは事実だと思います。

何をもって楽しいと思うかについては今さら触れません。要するに触れてくれないと楽しくない(笑) ここ最近のイメージは、手広くやっていて目立っているお店ほどその意味で残念な結果に終わりやすいということ。でもちゃんと冷静に事前調査すればわかることもあるのです。それをしないでの失敗は自業自得で、客を騙そうとしている輩の考えることなんていつの時代も同じなのですよね。

先日、秀逸な作品レビューでおなじみのムラサメさんの記事を読んでいて妙に納得したものがありました。内容はアダルトコンテンツのガチとヤラセの見破り方についてのものでして、それがメンズエステについても当てはまるなと思ったのです。とりわけ「①商品解説文がやたら饒舌」というのは本当にそれで、内容に自信がないお店ほど過度な説明で期待値をあげようとする傾向にあるもの。

メンズエステのポータルサイトやお店のHPをみていると、それだけでそのお店が行く価値があるのかどうかわかるようになります。それについてはまた改めて記事にしましょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る