エスポワールは希望の船ではない② 

エスポワール、と聞いて真っ先に思いつくのはカードでジャンケンしたりする例のギャンブル漫画でしょうか。実は日本のある場所にもエスポワールは停泊しています。ただ帝愛グループとは関係ない、癒されたいあるいは満たされたい男が通うメンズエステなのですが。今回もおそらく現在千葉エリアでも有数の規模で運営されているだろう、このお店について記事にしていこうと思います。ちなみに動画で見えているのはブラジャーでしょうか。

メンズエステがダメンズエステに変わる、あるいはダメンズエステだとバレるにはいくつか条件があります。ただしその先の結果までの基本ルートは「客が減り売上が落ちて閉店」で何ら変わりません。あとはその要因としてセラピストの数や質の変化だったりということになるわけです。客が減るからセラピストが減るのか、セラピストがいなくなるから客が減るのかは鶏と卵の関係と全く同じでどっちが先とは言えない場合もあるのでしょう。

かつてはそこまで積極的でなかった早割

このお店に限った話ではないのですが、客にとって最悪なセラピスト以上に最高だなと思うセラピストも基本的に短命な生き物です。店にとってリスクになるから追い出されるのか、あるいは元々セラピスト側が短期的に一気に稼いで去るつもりだからなのか。入れ替えが激しいのは業界の常なのでしょうが、2020年に入り急激にセラピストの質が落ち連続でハズレに当たるようになりました。過剰サービスがないから即ハズレ認定ではありません。

外見でもイマイチ、内面もイマイチ。特に女子大生くらいの年齢層で設定されているセラピストが微妙過ぎて足が遠のきここ最近は全く通っていません。なので最新セラピストは把握していませんが、1度そういう感情を抱くとなかなか払拭は困難です。ちなみにこのお店は年齢詐称がデフォで、セラピストによりますがだいたい3~4歳ほど若く設定されています。なのでセラピスト紹介の年齢の数字に+3~4の修正を加えることをオススメします。

ちょうどその時期はセラピスト供給が十分にあった時期だと思われます。その全員が熟練者や美女ばかりではないにしても、もう少し優良なラインナップを揃えられなかったのか。未経験者でもいい子はたくさんいるし、逆に経験者ばかり集まると既定路線の施術が続くので飽きが来ます。1年以内にオープンした同エリアのメンズエステにはそれなりに優良なセラピストがいるので、人事・採用戦略に関してかなり遅れをとっている印象ですかね。

次回以降ではまた別の観点から考察していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る