剛力彩芽はもう限界? それとも炎上商法?

剛力彩芽、および彼女と交際していると噂される前澤友作氏が最近とかく話題になっています。前回は前澤友作氏の方をネタにしましたが、今回は剛力彩芽さんの側から見つめてみたいと思います。そもそも彼女の芸能人としての立ち位置ってどんなものなんでしょうか? そこまでの人気があるとは思えないしこれからの成長性という意味でも見えてこない。

本人のタレント性はあるんだと思いますが、どうも事務所の力で色々とプロモーションしている割にはコケているのではないかと思われます。そんな彼女も25歳になり、事務所であるオスカープロモーションの掲げる「恋愛禁止」の年齢を超えたため(実際にはそれより前にも誰かと交際していた可能性はあるが)遠慮なく実業家である前澤氏と交際したと。

まあ恋愛は自由だし誰とどうしようが関係ないのですが、私はこの件を2つのポイントから注目しています。1つはタレントとしての限界を意識し、もうここらで家庭に入ろうかなという発想。そしてもう1つはタレントとしての話題をつくるためわざとやっている、いわゆる炎上商法です。つまりこっちの場合はタレントとしてまだ諦めていないということに。

もしかしたらそれ以外の第3の可能性もあるのですが、残念ながらそれはわかりません。どうあれいい方向に行けばいいなとは思うのですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る