慶應大学アメフト部の女風呂盗撮

これはまあ、何というかね。ここ最近は慶應大学アメフト部の女風呂盗撮が話題となっています。細かい経緯は他のソースに委ねるとして、どうやら夏合宿した際に女子マネージャーの露天風呂を覗きかつスマホで動画撮影したとか。世には様々な盗撮風作品が溢れているけど、こんな撮影手法があるとは盲点でした。天下の慶應義塾大学に所属しているだけあって賢いもんだなと感心しています。

問題行為があってから公表まで2ヶ月近く隠蔽、当事者同士は無理矢理示談で済ませたらしい。大学側としても不名誉なので表ざたにしたくなかったのでしょう。大学生の性的な不祥事といえば早稲田大学のスーパーフリーが有名ですが、あれはイベントサークルなので少々チャラい側面もあったわけで。しかしながら今回は真面目な(?)大学スポーツの場でこういうことが起きてしまったと。

こうなるともはや、まともな家庭であれば慶應義塾に娘を進学させるのは憚られる事態なのではないかと。まあでも結局は頭のいい女子であれば慶應ブランドに憧れて進学しちゃうんでしょうけどね。名門大学生の不祥事や刑事事件も、女子高生との淫行がバレちゃったニュースと同じくらいマスコミの格好のネタとなります。山中湖での合宿で学んだのは女風呂を盗撮する技術だったようですね。

もちろん中には魅力的なマネージャーもいることでしょう。そして身近に接することで恋愛感情が生まれることは十分にあり得る。一方で実際には部内での恋愛(選手と女子マネージャー間)というのは、体育会の世界ではたいていクビ案件だそうで。問題が起きた時にほぼ間違いなく女子マネージャーが去るという結果が見えており、組織として大きな損失となるリスクは避けなければならない。

体育会系の組織にとって、女子マネージャーというのは選手たちからすれば「お母さん」のようなものだと思うのです。今回覗きをした者や盗撮行為をした者、 あるいはその動画をシェアしてもらった者たちは愚劣の極みです。自分のお母さんのお風呂を覗き、スマホで撮影する。あるいはその動画を自分のスマホで鑑賞して楽しんでいるのと同じことであって、普通そんなことするかって話です。

奴らは文字通りマザーファッカーでしかない。そんなクソ共がPcolleやGcolleという言葉を知らないことを真に祈るのみです。あ、でも風呂系はダメだったっけこれらのサイトは。そうなるとAVMarketという言葉を知らないことを真に祈るのみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る