津田沼『Revive(リバイブ)』のオツムの弱い嬢

風俗にしてもメンズエステにしても、色々なお店があって色々な女の子が在籍しています。残念ながら高いお金を払って全てが満足いく結果になるとは限りません。ハズレにも様々な形態があるのですが、その中でも1度は真面目に考えなくてはならない種類のものがあります。それは今回のタイトルにあるようなオツムが弱くて場の空気が全く読めないタイプです。

千葉方面メインで活動しているメンズエステ仲間からその手の情報が回ってきたので記事にします。津田沼にある「Revive(リバイブ)」というお店のなおみというセラピストがどうもそれらしい。そもそもこのお店はかつてニューハーフのセラピストが在籍していたことで話題になりました。どうやら今回はまともなコミュニケーションが困難な子を採用したらしい。

しかもなおみ嬢はパネ詐欺が酷いそうです。HPを見る限りでは若々しい笑顔の素敵そうな巨乳ちゃんという感じですが、実際はややゴリラ顔の変な女の子が出て来るので注意が必要だとか。自ら「どうも障害があるっぽいんですよね」と言うのをその仲間は聞いたようです。どうも地方から出てきて大学に進学したものの、結局除籍しフリーターになった経緯があり。

それまでは接客業のアルバイトをしていたものの、1度にたくさんのことを覚えるのが苦手でミスを繰り返し上司や先輩パートに怒られまくる日々。それに嫌気がさして退職し、生活するために高収入の仕事を求めてここに流れついた模様。もはや地元に帰ってできる範囲の仕事をするべきなんだと思いますが、状況的におそらく地元にはいい思い出がないのでしょう。

このお店の経営者は確信犯です。いくら巨乳ちゃんでもその手の女の子が客のニーズをつかんでしっかり満足させるのは不可能なことです。リピートしてくれなくていいからパネマジで来た客を騙して集金する要員として採用したのでしょう。それとこの手の嬢は確実に胸を揉まれたりが日常茶飯事になるのでお店のルールにも影響します。これは見送るべきだった。

実際これまでの客にはかなり身体を触られたそうで。断るのが苦手なので結局許しちゃうとのことですが、そんなんで大丈夫なのという話です。客の立場からすれば大ハズレなのは明らかで、それこそおっぱいを揉んでも元が取れないようなセラピスト。だからこそなおさら過剰サービスを求められるでしょう。現にその知人もハズレだと割り切って触りまくったとか。

でも何も楽しくないし一切勃起もしない。それに肝心な所に手を伸ばそうとすると「そではやでず~」と言われてしっかり断られるんだとか。変に真面目で融通が利かないのか、それともオツムが弱いのを装っているだけの女なのか。いずれにしてもこんなのを置いてると店のアンチを増やす可能性が高いと思います。お店とはここまでして客を騙そうとするものなのか。

これで味をしめた(?)客は他の嬢に入っても触らせろと主張するようになることでしょう。裏サービスは女の子の質がよければ客にとってはとてもありがたいのですが、前提としてそれを自らマネジメントする高度な能力が求められます。なおみ嬢の状況が偽りのないものであるなら彼女にそれは無理でしょう。他の女の子にとってもただの迷惑でしかないと思います。

これが風俗だったらまだ生き残れるかも知れませんが・・・ 会話の必要なメンズエステでは厳しいので早めに撤退することをオススメします。というかメンズエステがそういうものだということをたぶんわかってないし、今後も理解できないんじゃないかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • bay
    • 2019年 10月 23日

    こんな記事があったとは
    懐かしく読ませてもらいました

      • タウルス 美濃
      • 2019年 10月 24日

      bayさん、コメントありがとうございます。
      久々にコメントついたので非常に驚いています(笑)

      bayさんもなおみ嬢に入られたんですか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る