メンズエステのパンチラ

メンエス(かつては回春マッサージと呼ばれていた)について語る前に、改めて「メンズエステ」を定義しておきましょう。この言葉は文脈によって意味合いがだいぶ異なってきます。もし女性の前で「最近メンズエステに通っているんだ」と話した場合、詳しく知らない相手なら美意識の高い男性だと思われる可能性があります。本質は全く別のものだったりしますけど(笑)ところで「メンズエステ」とはいったい何なのでしょうか?

どの「メンズエステ」にしても最も幅広く共通する要素は「男性に対し女性セラピストが手でマッサージをする」ということくらいでしょうか。あとは店舗型なのか派遣型なのか、性的欲求を満たすような要素があるかないかという違いがあるだけです。なので目的を間違えてお店を選ぶと、思っていたのと違って後悔したり無茶をしてトラブルになったりします。そうならないためにも、メンズエステの3つの分類について学びましょう。

・美容や痩身を目的としたもの

ダンディハウスなどが有名ですが、ああいった会社組織という形のものからマンションの一室で行われている個人店まで形態は様々。また一部派遣型のものもあります。どうあれ共通しているのは「エロい要素は一切なし」ということ。特に個人店ともなると入店の際に身分証(運転免許証)のコピーを要求されることがほとんどのようです。エロ系のトラブルを未然に防ぐのと万が一の際の通報とかの対策ということなのでしょうかねぇ。

どちらかというとお金に余裕のある会社経営者やスポーツ選手、芸能人などが自分磨きを目的として通うためのお店というイメージが強い印象です。人によってはVIP扱いされていい思いができる… なんて噂も聞く一方で、性的サービスを要求する変態客として具体的な俳優名が時として週刊誌を賑わしたりもします。まあいずれにしろ、何1つさしたるものがない一般人がエロ要求したら出禁または被害届提出で逮捕案件間違いなしかな?

・派遣型風俗の1ジャンル

いわゆるデリバリーヘルスの形態としてのエステです。一般的に「風俗エステ」と呼ばれるものでしょうかね。これは上記のものとは正反対で目的はエロです。一応形だけ女の子はオイルマッサージをしますが、技術はなく疲れを癒すとか脂肪を燃やすとかいった効果は期待できません。また通常のデリヘルと違いいわゆる風俗的行為はほぼ手コキのみ。フェラや素股は常設されているわけではなく、下着にトップレスまでが限界ですね。

よって風俗店としても中途半端、しかもデリヘルなので自宅(自室)派遣でもなければレンタルルームやラブホが必要です。よってプレイ料金の他に費用が嵩むのがネックと言えるでしょう。ただ見方によってはハードルの低い風俗なのでもう少しハードなサービスが中心の性風俗よりは良質の女の子が揃いやすいメリットはあるのかも。そしてこの風俗エステ、このあと説明するメンエスの源流の1つだったという風に見なされています。

・店舗型でグレーなやつ

そして今回話題にするのはこれのこと。日本人のみ在籍だったり大陸系(中国人)のみ在籍だったり混成部隊だったり様々です。マッサージの技術は人それぞれで、たまに痩身エステ経験者もいるので技術的には先の風俗エステよりマシなこともあります。ただこのジャンルの本質はそこではなく、仰向け施術の際にリンパとか回春とか呼ばれる股関節付近の施術が主目的です。エロい気分にはなりますが一応風俗ではないというのが建前。

店舗型のメンズエステの多くは性風俗店としての届出をしていません。なので性的サービスなんてものはなく、間違ってもそんなことをしてはいけないという体で営業しています。ただ肌の露出が多い女の子と部屋で2人きり、やさしく際どい所を触られ続けたらやはり勃起しないわけにはいきません。そこまでで終了という残念なケースもままあるわけですが、せっかく来てくれたしそこは愛嬌ということで… も珍しくないのが現状で。

このタイプのお店はけっこうパンチラスポットだったりします。肌の露出が多い衣装というのは、衣装チェンジとかなければたいていの場合タイトミニです。そしてマットタイプのお店の場合は構造的に高確率でパンチラゲットできます。中にはベッドタイプのお店もあるのですが、だいたい真面目系のマッサージが中心です。パンチラのチャンスはなく個人的にはあまりオススメできません。セラピストはベッドタイプが楽らしいですが。

パンチラ好きとしてはやはりそこは重要です。こういうネタも時々書いていこうかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る