お辞儀のパンチラ

とある有名なアイドルの始球式より。今や女子高生はそう簡単にお辞儀をすることもできません。ある程度の長いスカートであってもお辞儀すると際どい状況になるわけです。ましてミニスカートならもうパンツ見えて当然なのでどうにもならないわけです。とはいえよくよく考えたら重ね穿きが主流の今、むしろ見えてもあまり気にしないのか… なんという世の中になったんでしょうね。

思い返してみれば、自身が高校生の頃には朝のホームルームで起立礼をしてお尻側からパンツが見えていた同級生が何人かいました。今よりもスカート短かったしその割には生パン率が異常なまでに高かったからなぁ。いい時代だったのか、それとも今の常識から考えたらただの狂気の時代だったのか。あれほど人生においてパンチラに夢中になった時代は、後にも先にも高校生の頃だけ。

服装が行動を変える。以前そんな話に触れましたが、これもまさにその典型ではないかと。もちろん普段スカートを短くしている女子高生でも、式典ではちゃんと適切なスカート丈に戻すのが普通です。中には強者もいて教員も生徒に対し緩いのでちゃんとしないケースも多いのかも知れません。礼をするシーンにミニスカートならちゃんとした礼の習慣がつくことはあり得ないでしょう。

だって真面目に礼したら、少なくともスカートの中身は見られまくりだし。そんな子たちがそのまま大人になって礼儀知らずになるのも無理はありません。私は部下を持って指導する立場にはない仕事ですが、これまでの時代に何度も繰り返されてきた「最近の若者は…」なんて目じゃないでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る