ビキニ着用のメンズエステ

メンズエステの楽しみの1つとして、タイトミニ衣装からのパンチラ鑑賞が存在することは以前にも触れました。ごく一部のかなり神経質なセラピストとかでなければ、施術中にパンツが見えてしまうことは想定済でむしろ普通にぜひどうぞという感じで楽しませてくれます。ここ数年ではベビードールのオプションも定着しており、そうなるともはや下着が見えてしまうことは避けられません。

もはや世の中で「純粋な」パンチラを楽しむことが難しくなっている中、有料かつ出来レースとはいえ生パンチラも楽しめるメンズエステ。もはや貴重な機会と言えるかも知れませんが、もしメンズエステで楽しんでいる生パンチラが実は偽物だった… そう聞いたらあなたはどう思いますか? 見せパンがどうとかいうレベルの話ではなく、極めて精巧にデザインされた下着風の水着だとしたら。

水着を採用する理由はいくつかあって、そもそもお店によってはビキニ姿のオプションが存在します。接客の度にわざわざ下着と着替えるのは面倒なので、そういうお店のセラピストはオプション有無に関係なく常に水着着用です。またその手のオプションがないにも関わらず、セラピストが個人的にそうしているケースもあります。んでお店を通さない裏オプ的な扱いかというとそうでもない。

そういうのはたいてい、健全系のお店にいる「元グラビアアイドル」とかを謳うガチ健全系のセラピストにありがちな話。目的は完全に自己防衛です。パンチラすら提供する気がなく、見せるのもイヤなのでビキニを着用するんですよね。気づかない客からすると嬉しい生パンチラのように見えますが、本人からすればただ水着が見えているだけ。最近は下着風デザインのビキニとかあるからね。

また、そもそもお店側がビキニを貸出している所もあります。密着重視の施術が主流となり、セラピストの自前下着がオイルまみれになってしまう事象が昔に比べて増えました。帰る時には下着を交換すればいいのですが、当然ながら施術の結果としてベトベト下着の方を何とかする必要があります。1人暮らしのセラピストならまだしも、実家生活となると洗濯は大変なネックとなるのですよ。

じゃあお店で扱っているコスチュームと同じで、下着もビキニで貸し出しちゃえばお店で洗濯できるじゃん。という話なのです。そう考えるとメンズエステの世界においても、純粋なパンチラは実はそう多くなかったりする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る