オイタのチャンスは最初だけ

メンズエステはその性質上、女の子が同じお店の他のセラピストの接客を見る機会がありません。入店時に教育係に施術を見せてもらうことはあっても、それはリアル客へのものではなくあくまで形式的なものです。よって女の子自身も手探りでやっており究極的には何をするかは本人次第。時にはとんでもない体験をすることができることもあり、それがメンズエステの面白い所でもあります。

業界未経験の新人の場合、そもそもメンズエステはどこまで許してしまっていいものなのかの境界線をわかっていません。なので客に「他の子も同じようなことやってるよ」とか言われると、疑問を持ちながらも応じてしまうケースがあります。とはいえヌキがなさそうなお店で手コキを求めるのは困難だし、手コキはしますというお店でフェラを求めるのはやはり困難。むしろお触り方面です。

特におっぱい方面への進出が当てはまります。基本的にメンズエステでは女の子の身体に触れるのはNGだそうですが、気持ち良くなると触りたくなるのは男の性でもあります。そういう客は女の子にとっても面倒なわけですが、許容できる範囲で受け入れて満足してもらえたらお金は落とすので妥協点を探ります。まあそれでも胸はNGが多いですが、よくわかってない時期だと意外にいける。

ただし楽しめるのは本当に最初の頃だけで、時間が経過すればするほど女の子の方も知識をつけてきます。あれだけ揉んでも詰まんでもよかったのに、やたらと言い訳をして避けようとするのはそういうこと。そうなるともう払ったお金以上に楽しめることはなく、それ目的ならその女の子はもう用済み。2度とその女の子には入らないことが賢明か。業界慣れするのもいいことばかりじゃない。

また、他店で経験がある新人の場合もあります。特に前のお店がややハードな内容だったりすると、彼女らの関心は「どこまでやってよさそうなものなのか?」という点になります。ソフトなお店でハードにやると希少性が出るため、瞬間的に人気は出ますがバレるリスクが高まります。極端に指名が偏ったりするので、お店側にも怪しまれます。どうあれ客側としてはありがたいことですけど。

その辺を見極めて遊ばないと損します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る