ヌキを要求した時の反応は重要な判断材料

最近メンズエステ関連の記事ばかりになってきているのですが(笑) パンチラも楽しめるお店なのでまあいいのかなと。メンズエステは建前上、風俗店として営業しているわけではありません。よっていわゆる風俗的行為(手コキ・フェラ・素股その他)はしないというか禁止行為として認定されています。それでも7~8年くらい前なら、手コキ程度であればどのお店でも基本メニューでした。

ただ今はルールを忠実に守らせるお店が増えている印象で、風俗店よりも安価でエッチな行為を楽しめるメリットはもはやなくなっています。とはいえ昔のメンズエステを知る客はもちろんですが、新たにメンズエステを知った客であってもせっかくなら最後までして欲しいという思いはあります。鼠蹊部近辺をあれだけ弄んでおいてギンギンに堅くなったチンコを放置されるのは悲しいこと。

さすがにフェラや素股はめったにありませんが、手コキなら手技の延長上ということもあり状況によってという側面は残っています。ただその辺については女の子に聞かない限り何も起きないというのが現在の風潮です。メンズエステに通う客の中には、言いたいことを言えないM気質も少なくない。ただ、それだといつまでたっても搾取されるだけの「いいお客さん」で終わってしまいます。

前は聞かなくてもやってくれたものですが、今は聞いても状況が変わらないことも増えました。でも聞かなきゃ道は開けません。当然ながらお店側(女の子側)もそういう質問が出ることは想定済で、対応問答は準備しています。ヌキ要求に対する女の子の返答は大きく分けると3つあります。そしてその対応は、今後同じ女の子やお店に通うべきかどうかを決める判断指標として非常に有効。

①自分の方針でやらない

そもそも技術のない、男性の身体に触れることに抵抗のあるセラピストがよく言います。自分はダメだけど他なら可能性があるかも、とでも言いたげで自分だけを卑下する作戦なのかも知れません。ただ冷静に考えればそんな女の子を採用し雇用しているお店の資質を疑うし、そもそもこの業界向いてないから辞めてしまえという話です。あなたの都合は関係ないでしょという話なのですよね。

②自分はいいけどお店に禁止されている

これが最近最も多い回答です。自分はしてもいいし抵抗もないけど、他の女の子への影響もあるしお店に怒られちゃう。自分はあくまで優しい人です感をアピールしお店のせいにする。模範解答ではあるのですが、受け取り方によってはお店の否定ということにもなる。よって「この子はダメだったけど他の女の子なら楽しめるかな」という再来店チャンスの芽を摘んでおり、やはり微妙です。

③話題を逸らそうとする

アロマギルド系や、20代後半や30代とかで業界デビューしたセラピストに多い印象です。たぶんお店のマニュアルでそうしろと言われているのでしょう。それでやり過ごせるとでも思っているのかも知れませんが、客側の心理としては前出の①②より腹が立ちます。そもそも聞かれたことに答えてないし、それならまだやらないとかできないと明言された方がいい。最もこれが支持されません。

当然ながら①はその女の子自体はもうないでしょうが、同じお店の他の女の子ならトライしてみる価値は少しあるかも知れません。もちろん他の女の子も同じという可能性が高いですが、ごく希に他の子なら大当たりということも。そして②と③はその女の子だけでなく、お店そのものを候補から外した方がいいと思われます。おそらくマニュアル回答なので他の女の子も同じである可能性大。

実際に①の例で他が大当たりだったことも、②や③でやはりハズレだった例もあります。どちらも近日中に記事にしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る