落ちぶれるメンズエステ店の理由(セラピスト編)

メンズエステにおきまして、閉店間近だろうなという店舗はどのエリアにおいても複数存在します。まあ意外にしぶとく生き残る例の方が多くて、いざ閉店となると想定外のお店ということもありますが。潰れそうなお店のうち少なくない数が、かつては繁盛していたり一時的でも話題になっていたりする。つまりは開店当初からダメ店という烙印を押されているのではなく、いわゆる栄枯盛衰というやつを「徐々に」または「急激に」体現している。

それゆえに現在の落ちぶれっぷりが印象的に映ります。そして運営側には改善するための資金か意欲か行動力が欠如しているのものと予想されます。なのでますます衰退っぷりが増長されていく。そうなってしまうメンエス店たちには共通した理由が存在すると思っています。それらが複合的に関わってくる場合もあるし、いやいや結局は1つの理由に集約されると考えることもできるのかも知れません。今回はセラピストを中心にまとめてみました。

*在籍セラピストが少なく新人も定着しない

あたかも休眠会社のようになってしまっているメンズエステ店は、とにかく女の子の数が安定して少ない。あるいはいつも同じようなセラピストが出勤していて変化に乏しい。お店によっては少ない出勤をカバーするためにダミー出勤を設置することも。新人が入ってこないことはないが話題になるようなお店に比べて絶対数が少ない。そしてその少ない新人もなかなか定着しない。表から見えるもっともわかりやすい綻びはセラピスト状況なのです。

安定した熟練のセラピスト、というのは時としてありがたい存在です。ただ人は変化を求める生き物という側面もあるため毎回それで満足という客ばかりではありません。同店にめぼしい女の子がいればそっちの選択肢もあるわけですが、仮にそれがなくていつ見ても同じラインナップしかないなら他店に目を向けます。他セラピストで定置網にかけるには、ただ網をしかけるだけでなく定期的な修繕(ここでは新人の導入)が不可欠と思われますね。

*古臭い雰囲気と古臭い手技のまま

新人が来ない、来ても定着しないお店には特徴があります。集客が悪く料金が安くバックが低い。安いのは客側からしたらありがたいですが、それなりの理由があるのがほとんど。建物や部屋が古いとか、衣装が古臭いとか洗濯してあってもボロボロとか。あとメンズエステなので当然ながらオイルを使った施術となるわけですが、賛否はあるにしても未だに水溶性オイルを導入しないのは微妙。あれがいかにシャワーで落ちないか、わかってますか?

現代メンズエステの施術は密着の宝庫であり、昔ながらのマッサージオイルでは客もそうですがそれ以上にセラピストにとって不具合が生じます。だから施術についても昔ながらのやり方をずっと踏襲し続ける。四つん這いくらいはあるかも知れないけど、基本的には「仰向けで回春」が主戦場。セラピストにしたら様々な技術が身につくことはなく、焦らす演出もほとんないまま直接手を伸ばし触れて解決する。しかもそれだけで収まることはない。

*無垢なセラピストを常連が潰す

新人セラピストが定着しないお店の最大の問題点、それは客自身です。その手のお店は歴史があり、往々にして寛容な女の子が多い。あるいはそういうイメージがこびりついています。なので新人の女の子が入店すると、店の特徴というか実態を理解していないと読んで「何も知らないうちに」色々やっちゃえと考えて殺到する。せっかくのダイヤの原石かも知れない素材を早々に壊してしまうのです。老舗の顧客ほどやっかいな存在は他にはいない。

業界未経験のセラピストほど、メンズエステのお店については全くもって詳しくありません。それは施術内容についてもそうですが、どのお店を選ぶべきかという観点においてもそうです。面接において、他のセラピストがどんな感じなのか、客層がどんなものかなんて深い質問する女の子が果たして何人いるのか。勘のいい女の子ならHPの雰囲気や面接の感触で良し悪しを判断できるかも知れないけど… チョイスを間違えることも珍しくないのです。

*最近はスカウト経由での入店も多い?

自らお店を探すことはリスクが伴います。友人紹介とかでないと、最近はスカウト経由で入店する女の子も増えています。悪質業者とかでない限り、そっちの方がミスマッチのリスクは確実に減ると思います。しかしスカウトも最近はメンズエステに紹介するのか… まあこれはきっと今の世の中の事情(他の紹介先が微妙な状況)ということもあるのでしょう。世の中ずいぶん変わったものだなと正直思いました。以下に実例を1つ紹介しておきます。

とあるお店(今は潰れそうな状況ですが…)で出会ったセラピストの話。これまで夜職を全くやったことがなく、HPでスカウト業者を調べて相談し入店に至る。正直年齢はそれほど若くなく美人や可愛いわけでもない。そこでスカウトはあえて都内の激戦区ではなくやや離れたそのお店を紹介。今は落ち着いた状況でそんなに忙しくない。もしかしたら新人プレミアで稼げるチャンスがあるかも。お試し感覚で始めてみるならちょうどいいのでは?と。

*まとめ

メンズエステはセラピストありきです。ダメなセラピストはともかく、1人でも多く新しい女の子を集められるかはお店の手腕です。そこに力を入れないお店は衰退するのみ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る