『電影少女』にみるスカート自捲り

自らスカートを捲らせるのは究極のMプレイの1つだと思います。中にはSっ気のある痴女が、自分でスカートを捲り上げて誘惑するというシーンもあるでしょう。しかしながらやはり、恥ずかしそうにスカートを捲る女の子の姿を見るから楽しいんだと思います。かつてそれを見事に描写してくれたマンガ作品がありました。

昔『電影少女』というジャンプの作品がありまして、何でも言うことを聞く女の子にスカートを捲らせ、しかもそのパンツに顔を埋める男とそれに対して恥じらう女の子というカットがありました。確か小学生くらいの時に読んだ記憶がありますが、あれは衝撃的でしたね。当時はなぜ女の子が恥じらう(あるいはそのフリをする)理由がわかりませんでしたが。

その過激さあまり、山口県では当該内容が収録された単行本の巻が有害図書扱いになるなどしたようです。あれが少年誌でなかったらそこまで問題にならなかったのかも知れません。この他にも、電影少女はパンチラその他の描写も多く、絵の繊細さもあいまって評判となった作品でした。

というわけで、次回はこの流れでアニメやマンガのパンチラについて書きたいと思います。最も身近な存在であるアニメやマンガのパンチラも、最近は色々あるみたいなので。

↓自分で捲り上げた結果が…

アダルト動画:ほたる19歳アニメ声全身性感帯♪「後編」2/2《素人ハメ撮り》《個人撮影》《118》《ちゅぱ王》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る