ルールの存在とルールを守ることの意味

世の中には数多くのルールが存在します。それは法律という権威あるものから世には知られていないハウスルールまで様々です。だいぶ前の話ですが野球場売り子さんからビールを買った時、善意でアメをあげようと思ったら丁重に断られたことがありました。気になったので理由を尋ねてみると「クビになるから」ということだけで特に詳細は教えてくれませんでした。

単にキモいからそういうことにした可能性もあるわけですが、そうでないとすれば何がマズかったのか考えてみました。

1.お客さんと過度に関係を持ってはいけない(トラブル防止)

2.お客さんに商品以外に渡すものを持ち歩いてはいけない(物で釣って販売する行為の禁止)

3.お客さんから対価としての現金以外に受け取ってはいけない(過剰報酬)

上記のどれかだとしたら彼女はそのルールを忠実に守ったということです。ビールの味はメーカーによる好みやサーブの技術で美味しさが変わることはあるとはいえ、開発者には悪いですが同じアルコール飲料という点では大きな差はありません。だからこそ「誰から買うか」ということに意味があり、若くてかわいい女の子を起用することで「立ち売り」は成立しているわけです。

そんな彼女たちの給与は基本的に歩合制なので、どんな手を使ってでもファンを増やして売れた者が勝つ。その点においてはアイドルの世界やキャバクラや風俗と大きく変わりません。稼ぐことを最優先に据えるなら、状況によっては法律はともかくとして少々のルールを無視する場面も時には必要だと思います。彼女の場合はそこまでしなくても人気なのでいいんでしょうけど。

数年前に通っていた回春店に20歳くらいのけっこうかわいい女の子がいたのですが、彼女は決して規則に反することをしませんでした。真面目でちゃんと会話もできる一方で、新規はそこそこ来るがリピートが増えないと愚痴をこぼしていたのをよく覚えています。2人きりの密室なんでバレない可能性が高いにも関わらず、ルールを順守を優先し次につながることを何もしない。

20歳そこそこで回春のお店で働くのは… というツッコミはさておき、実はこれ若い世代に見られる傾向の1つなんじゃないかと思っています。厳密なものは当然として、グレー要素が残るルールについても守ることより他に優先すべきことがある場合でも真面目に従うことを優先してしまう。例えばデリヘル等における本番行為はルール上アウトですが、黙認されることもあります。

なぜならリピーターの獲得という意味では1つの有効な手段であるからです。ただし身を削る行為なわけでありそれにより失うものがあるのもまた事実ですけどね。一方でアメを渡すのはお気に入りであることのサインであって、自分の身を削ることなく獲得したファンであり確実に売り上げに繋がる兆候です。こっそりもらうだけもらって食べずに捨てりゃいいのにと思うのですが…

なかなかそういう柔軟性を発揮するのは、若手には難しいことなのかも知れませんね。それか相当に嫌われてるんだな俺(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る