ルールの存在とルールを守ることの意味

世の中には数多くのルールが存在します。それは法律という権威あるものから世には知られていないハウスルールまで様々です。前に野球場売り子さんからビールを買った時、善意でアメをあげようと思ったらきわめて丁重に断られたことがありました。気になったので理由を尋ねてみると「クビになるから」の一辺倒で詳細は教えてくれませんでした。まあ単にキモいからそういうことにした可能性もあるのですが。

そうでないとすれば何がマズかったのかを考えてみることにしました。その結果思いついたのが以下3点です。

1.お客さんと過度に関係を持ってはいけない(トラブル防止)

2.お客さんに商品以外に渡すものを持ち歩いてはいけない(物で釣って販売する行為の禁止)

3.お客さんから対価としての現金以外に受け取ってはいけない(過剰報酬)

ちなみに正解はその販売会社のホームページに記載されていました。彼女は単にそのルールを忠実に守ったということに過ぎません。ビールの味そのものはメーカーによる好みやサーブの技術で美味しさが変わることはあるとはいえ、同じカテゴリーのアルコール飲料という点で大差はありません。ゆえに「誰から買うか」に意味があるからこそ、若くてかわいい女の子を起用することで「立ち売り」は成立しているわけです。

そんな彼女たちの給与は時給もあるようですが大きく稼ごうと思うなら歩合制を避けて通れません。どんな手を使ってでもファンを増やして売れた者が勝つわけです。その点においてはアイドルの世界やキャバクラや風俗などと変わりません。稼ぐことを最優先に据えるなら、法律はともかく少々ルールを無視する場面も時には必要でしょう。はたして彼女はそれをわかっていて「ルールを守る」ことを優先したのだろうか?

数年前に通っていた回春店に20歳くらいのかなりかわいい女の子がいました。真面目で性格も良くちゃんと会話もできる一方で、新規はそこそこ来るがリピートが増えないと愚痴をこぼしていたのをよく覚えています。その理由は明らかで、彼女は決して規則に反することをしてこなかったからです。2人きりの密室なんでうまくやればバレないにも関わらず、あくまでルール順守が優先で次につながることを何もしない。

しかし20歳そこそこで回春のお店で働くのって… というツッコミはさておき、実はこれ若い世代に見られる傾向の1つなんじゃないかと思っています。厳密なものは当然として、グレー要素が残るルールについても守ることより他に優先すべきことがある場合でも、真面目に従うことを優先してしまう。例えばデリヘル等における本番行為はルール上アウトですが、リピーター獲得には有効な手段のという意味では1つです。

さすがに本番行為は身を削るわけでありそれにより失うものがあるのもまた事実です。ただ回春における手コキはそこまで厳しいことではないし、ましてアメを貰う行為は自分の身を削ることなく獲得したファンであり、確実に売り上げに繋がる兆候です。こっそり貰うだけ貰って食べずに捨てりゃいいのになとか思うのですが… なかなかそういう柔軟性を発揮するのは若手には難しいことなのかも知れませんね。

それか相当に嫌われてるんだな自分(笑) 仕方ないこととはいえ無粋な行為は嫌う性質なので、それ以降その女の子からビールを買うことはまずないかなぁって感じですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る