回春店エリアルポ(日本橋編その1)

東京の日本橋といっても色々あるので分割して記事にしたいと思います。今回は日本橋の中でも「茅場町・八丁堀」エリアです。電車だと東京メトロの日比谷線に東西線、それから八丁堀についてはJR京葉線も通っていて比較的アクセスしやすい場所です。また茅場町には通称「兜町」と呼ばれる証券街もあるため、一般的にはビジネスの印象が強いのではないでしょうか。そんなお堅い場所に本当にエロいお店があるんですか?

という疑問を持ったとしても仕方ありません。実はこんな所にもエステはあるんですよね~ あの界隈は居住目的だけでなく投資目的のデザイナーズマンションがけっこう建っていて、そこで回春マッサージ店が営まれているのは珍しいことではありません。場所が場所だけにいい部屋も多く、それなりにラグジュアリーな時間を過ごすことができます。かつて訪問したお部屋を調べたら家賃が月18万円とか普通にありました(笑)

歓楽街ではないので素面のビジネスマンが多く、金銭的余裕だけでなくマナーの点でも客層がいいということもあり、回春嬢にも非常に人気のエリアだそうです。ただそれは同時に相手する客の年齢層もそこそこ高くなるため、どちらかというと落ち着いた年齢の女性の方が人気となりやすい傾向が強いのか在籍している嬢の年齢層も高めな印象です。なので20代前半の女子大生なんかとの一時を過ごしたい場合は要注意です。

10年くらい前のこの地域といえば回春の一大メッカであり多くのお店が乱立していましたが、その全盛期に比べると今はかなり沈静化した印象がありますね。茅場町や八丁堀は伝統的に「回春サービス=ヌキ」であり、技術力よりもやるべきことをしっかりやってくれたのでそっち需要の高い人にオススメの地域でした。ただその反面、急に閉店してしまうことも珍しくなく、実際に私が通っていたお店はほとんど残っていません

最近は同じ日本橋でも、小伝馬町や人形町の方にお店が多くなっています。このエリアは技術力重視という名目の非ヌキ系のお店が増えており、これも時代の流れなのかなーと思います。寂しい話ですが、もはや茅場町・八丁堀の復権はないんでしょうかねぇ。

↓いけないお店で働く女子高生を発見!?↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る