女子ゴルフ界のエロい事情(序論)

私はゴルフにあまり興味がなく、またゴルフを仕事や接待でやらなくてはいけない立場にもないので益々どーでもいいジャンルなわけです。ただここ数年の女子プロゴルフの盛り上がりは何となく感じていますし、きれいな人やかわいい人が増えていることも知っています。別に女性としての魅力よりも実力というのが本来の姿なんでしょうけど、端から見ている立場としては目の保養になるので大歓迎。

人気の一端として、身体に密着したウェアが女子ゴルフでは主流になっていることと無関係ではないように思います。スカートタイプにしてもショートパンツタイプにしても、露出度が高くて非常にいやらしい妄想を掻き立てます。集まっているギャラリーの中には、彼女らのお尻やナマ脚やスカートの中を観察するために足繁く通っているおじさんもいることでしょう。興行上は大成功であると言えます。

スカートといっても中に短パンのようなものを穿いているため、いくらグリーン上で芝のラインを読んだりカップに入ったボールを取るために前傾姿勢をとったりしてスカートの中が見えてもパンチラではありません。この辺は男と女の認識の違いもあります。女子選手からすれば短パンの上にスカートがあるだけでしょうが、男からすればスカートの中から見えるものは全てパンチラ予備軍なのです。

ゴルフ選手は下半身を中心にかなり鍛えているのと、どうしても「飛ばす」ということが求められる関係でやや体重を増やしたガッチリ体型の人も珍しくありません。それでも鍛えられた肉体を持つ人たちのボディラインは素晴らしく、そんな人が肌を出しまくっていたら勃起するのは否めません。それに体格がいいこともあり日本人選手でも巨乳ちゃんが多いのも他スポーツとの大きな違いです。

日本女性は元々の体質や食生活もあり、ことおっぱいということに関しては世界でもかなり小さい部類に入るものと想像されます。さらにスポーツ選手ともなるさらに細くなるため、大きな胸というのは希少な存在であるように思います。競技によっては余分な脂肪がパフォーマンスに影響することもあるでしょうが、一方で海外の女子スポーツ選手だと競技やポジションによっては巨乳が散見されます。

昔の女子プロゴルフは外見に関しては悲惨なものでした。そもそもそういうアピールをするという発想がなかったのだと想像されます。ただおっぱいだけは大きかったかも。それが変わったのはやはり先日引退発表をされた宮里藍さんの出現でしょう。現役女子高生という肩書をもつプレーヤーの存在で一気に華やかになった気がします。しかも宮里さんは顔もかわいくてけっこうな巨乳ちゃん

彼女の場合は人気だけでなく確かな実力もあったからこそ本物なんでしょうけどね。こうなってしまえば人気が集中するのも当然で、それに対する女子選手からのやっかみもあったことでしょう。まあでも今のファッショナブルな方向性にしていなければここまでの人気は出なかったと思います。まずはにわかファンを増やすことが、人気のバロメーターとしては最もわかりやすいものなので。

明日から何人かの韓国人選手についてまとめてみたいと思います。ただ紳士の競技として胸やお尻やパンチラもどきがクローズアップされるというのは本質の部分としてはどうなんでしょうかねぇ。ゴルフの偉い方の意見もぜひ聞いてみたいものです。

↓これほどの巨乳が日本女子にもいまっせ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る