『痴漢チ○ポ』に見るレギュレーションの差

タイトルにある「痴漢チ○ポ」とは新しい動画作品のことです。この記事が公開される頃にはおそらくFANZA(旧DMM)とDLsiteにて販売開始されているものと思われます。3DCGによるアダルト作品とはいえ卑猥な表現に一定の規制がかることもあり、男性器や女性器や排泄物にモザイクをかける等の処理を行っています。今回話題にしたいのはその表現の自由さの差について。

両サイトで販売開始予定の「痴漢チ○ポ」ですが、モザイクなど表現上のレギュレーションには違いがあります。ゆえに端的に言えばFANZAよりもDLsiteで販売している動画の方が甘くモザイクは軽めです。これは今回の作品に限らず、全体的にFANZAは厳しめなので自粛した結果何だかわからくなりがち(笑) なのでもし購入を検討されているなら現行ではDLsite版がオススメかと。

直接FANZAの販売委託に携わっていないのでわかりませんが、とにかくFANZAは審査と修正依頼の対応が面倒だと聞きます。そこにはエロの巨人なりの事情があるんでしょうけど、そこに本当の意味でのアンダーグラウンドな魅力は果たして存在するのかっていう疑問はありますね。まあ現実的に集客とかは強いしそういった面での不満は特にないんですが、なんだかなぁって。

でもよくよく考えてみたら、チ○ポが見たいわけじゃないからいいのか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る