増えてる女子大生セラピストって新たなパパ活?

ここ最近メンズエステの世界では、大学3年生や4年生でのデビューが珍しくないとか。一般的には大学1年とか2年とか、早い段階でスタートするイメージですが遅咲きでのデビューには特別な事情があり、どうも就職活動と関係があるようです。就活中は固定シフトでのバイトが困難になる時期である一方で、交通費などそれなりに出費がかさむ様子。お金の問題は重要深刻なんだとか。

その点メンズエステはお店によって多少方針が違えど、自身の都合を優先に勤務できることが多い。さらには風俗レベルでの性的サービスもなく、ほぼ日払いの比較的高収入バイトでもあるため色々と好都合なのでしょう。場合によっては内定が取れて就活が終了した後に、それまで続けていたバイトに飽きた女の子が環境を変える意味合で始めることもあるらしい。時間はたっぷりあるし。

最近特に情報で流れてくるのは「真面目で処女」の女子大生がメンズエステに参入しているケースです。前のバイトは塾講師、それなりに男の子とのお付き合いはあるけどまだ処女。性に奥手な自分を変えたいとか性的な対象として見られたいとか、あるいは早く処女を喪失したいとか… それぞれ事情があるのでしょうけど、往々にしてそういう女の子の家庭は性的に閉鎖的だったりする。

きっかけは何でもかまわないのですが、そういう女の子たちの少なくない割合でメンズエステを「割のいいバイト」程度で考えている輩がいるようです。極めて風俗的なサービスとなるとさすがに無理、という子もいるのはわかります。とはいえそこで何が起きたのかは2人だけの秘密ということもあるし、それがあるがゆえに男はリピートするものでもある。でもしたくないことはしない。

相手の欲望に少しでも応えてあげようとか、最低限癒そうとか気持ちよくなってもらいたいとかいう考えは全くない。一切触られたくないしできれば触りたくもない、それでいて短時間で高収入だけもらいたいご都合主義者に当たると本当に不幸です。これだと安い料金と低いバック率で懸命にがんばっている、チャイエスの若い女の子たちの方がずっと好感が持てるんじゃないかってね。

ああいう女子大生セラピストは、メンズエステの皮を被ったパパ活女子のようなものです。何でこう「女子大生」という自分の肩書に、そこまで過大なプレミア感を持てるのでしょうか? ああいうのが増えると非常にやっかいで、そもそもこの業界にそんなものは存在しないけど信頼に関わってくると思います。問題はそういうのを採用してまともに技術を教えない経営者なんだけどさ。

パパ活女子とて「身体の関係は希望しておりません」とか言いながら、お金のためなら最終的にはOKであるなんてことも珍しくないと聞きます。そこまでにかかるコストの問題はともかくとして、プロ意識のない彼女らのような存在ははもはやパパ活女子以下でしょう。というのもつい先日、今回の内容のような情報が知人から入ってきました。近日中に記事にしたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る