前回やってくれたのに…

(注)この画像は本人とは関係ありません

前に『マスカレードエステ』の記事を書いた時に、1度楽しい展開になったのに次回で裏切った何人かのセラピストについて触れました。そのうちの1人について記憶を辿りながら記事にします。以前に触れた『ガネーシャ』に在籍していたセラピストでした。名前は伏せますが聞いてピンときた人がいたとしたら、おそらくかなり早期からのメンズエステ愛好家であることがわかりますね。

その時記事にした伝説のセラピストよりもだいぶ前に在籍、短期間でしたがおそらく当時トップ人気嬢だったはず。彼女に関する画像や記事などはほぼ死滅しているのですが、昔あったお店のブログがかろうじて残っていました。んでたまたま見つけた記事が2012年の7月… かれこれ7~8年前かぁ(笑) 当時20歳設定と思うので実年齢であれば現在27~28歳ってとこ。時の流れを感じます。

博多出身で色白美人、細身で背が高く胸もそれなりに大きい。当時は20歳前後でのメンズエステ勤務は珍しく、その点だけで注目を集める女の子でした。どうやら地元でもメンズエステをやっていたようですが、そこではある程度際どい施術はするけどあくまでそれだけだったとか。その際どい感じをそのまま輸入してやっていたのだけど、それが当時としてはかなり斬新だったのですね。

他の女の子は、普通のマッサージと当時回春と呼んでいたエロマッサージを完全に区別していました。どういうことかと言うと、普通のマッサージではいわゆる鼠蹊部には手を入れない。残り15分の回春になりようやくそのエリアに侵攻するのが通例でした。それを破ったのが彼女で、うつ伏せの何の楽しみもない施術時から遠慮なく鼠蹊部に手を伸ばす。予想外の展開に衝撃が走りました。

福岡ではこれが普通ですよ、みたいなことを言ってたけどそれは本当なのかい? もしかしたら弄んでおいて最後は何もない… みたいな心配も正直あったけど普通にお楽しみタイムもありました。これはやばいぞ、ということであっという間に予約が取れなくなりました。なので自身もおそらく2度ほどしか入った記憶がありません。ただ問題の事件は、その2度目の時に発生したのであります。

前回の残像があったのでかなり期待していました。ところが全く深く手が入ってこない。前回とずいぶん違くない? と聞いてみたら「そんなことないですよ」と恍けている。あれ? と思っているうちに仰向けになったものの、肝心の場所には一切触れてこない。再度ツッコミを入れてみたけれど「そんなことしてないですよ」と完全に知らないフリをしている。これはかなり酷い展開だぞ。

あまりに過激な内容だったので、お店側に怒られて大人しくなったのかな… いやそれにしても前回あったものがなくなるのはダメだろう。当時はその程度の認識でしかなかったので非常に憤慨した。その日を境に数年単位で足が遠のくことになった。まあ数年単位で離れても、お店が健在だったことを知った時には驚いたけど(笑) その頃の裏事情は後になって知ることになるのだけれどね。

彼女はその後間もなくしてお店から消えた模様。お店で知り合ったのか会社経営者みたいな人に出会って、そこの事務だか秘書だかになったらしいという噂だけは流れた。それって単に体のいい愛人なんじゃないかい? その後どうしているかは知らない。捨てられてメンズエステに戻ったのか、どうあれ幸せにやっているのか。これまで会ったセラピストの中でも印象に残る1人ではあった。

ちなみに裏切りセラピストはもう1人いまして、恵比寿界隈で未だ現役でらしいです。消えたらいつか記事にしてやろうかと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る