チアの持つ2つの側面

チアとかチアリーディングと呼ばれるものには2つの側面があることをご存じでしょうか? 一般的に「チアガール」で真っ先に想像するのは、スポーツの大会で応援しているかわいい女の子でしょう。高校野球などはその代表格で、以前にも触れたかも知れませんがNHKの優秀なカメラマンは、かわいいチアを見つけたら何度も何度も執拗にカメラに収めます。

つまりこれは文字通りチアリーディングで「チア=cheer=元気づける」と「leading=リーディング=主導する」が合わさったものです。応援を率先してやってくれる彼女らがいることによって、他の人も声を出して応援しやすくなります。それに若くてかわいい女の子が一生懸命な姿ってのは、何だかんだで人の心を動かすんだと思われます。

一方で競技としてのチアリーディングというものもあります。競技チアは誰かを応援することが目的ではなく、振りの技術の高さや元気のよさ、あるいは一体感があるかなどを競争するものです。つまりスポーツイベント等で競争している誰かを応援するのではなく、応援している自分達が競争し評価されるという一般的イメージと逆のものになるわけです。

これはショーとしてのチアの一面であるとも言えます。大学のチアリーディング部だと、結婚式とかスポーツ以外のイベントに呼ばれることもあるみたいですね。あとはプロ野球の球団所属チアのように、応援とショーを兼ねているケースもあったりします。目立つことが仕事なので、日々トレーニングや自己研鑽は欠かせないものでしょう。

ゆえにチアの女の子はモテます。スタイルがよくて元気がいい、さらには肌の露出も多いとなれば男は放っておきません。今回の画像は競技チアのものですが、アクロバットな演技には必ず落下に備えて男性が配置されます。このようにタワーと呼ばれる演目の際、下の男性からすれば頂上に来る女の子は衣装とはいえパンツを覗くような形になります。

競技チアの存在を知りあの男性の存在を知った男なら誰もが、あの仕事ならお金を払ってでもやりたいと思うはずです。仕事上見上げなきゃいけない人たちですから見えても仕方ないですよね。例えばチア作品として、あの男性の視点から見た映像という切り口でやるのはどうでしょう? 技術的なことはひとまず置いといて、御検討のほどを(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る