そろそろ収束かな『Rの法則』

記者会見も終わり、これでこのニュースも一段落することでしょう。現TOKIOメンバーの働きかけにも関わらずネット上民は山口達也がチューを迫ったという『Rの法則』の出演者探しに躍起になっています。示談金をせしめたとか色々な憶測が飛び交っていますが、いずれにしてもその相手の女の子も芸能活動は難しいでしょうね。まあ売れてないし別にいいんでしょうけど。

今回の件で色々と気づいたことがありますが、その中でもここ最近強く思うのはプロだろうと素人だろうと女子高生というものに関わってもいいことなんて何もないってことですよね。何だかんだで若くてピチピチしてるし目を引くのは事実でも手を出せばほぼ犯罪者扱い。かといって教員のように日々接しなければいけない人もいるわけで、彼らは本当に大変だなと思うわけです。

女性というのは人間性とか色気とかそういう要素を抜きにして話すと、柔らかさや丸みを帯びた感じは完全に大人の女性の方に備わっているのですが張りや瑞々しさは圧倒的に10代の方が上です。これらはどっちが上かという話ではなく魅力の違いみたいなものであるということであるのですが、1つ確実に言えるのはJKたちの持つ要素はいずれ失われる一過性のものであることでしょう。

若々しさは繁殖能力の証明だとかいう昔から散々言われてきたことも影響しているのでしょう。だからそこに異常なまでの執着を持つ人たちがいてもおかしくないのかもね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る