タトゥー入りセラピスト

みなさんはタトゥーの入った人を見てどう思いますか? 慣れている人なら文化の1つかなって程度に感じるかも知れません。でもそうでない人にとっては単なるオシャレでも何でもなく、真っ先に浮かぶのは「緊張と不安」です。もしかしたら攻撃的な性格なのではないだろうか、バックにそれなりに怖い人がついている人なんじゃないだろうかと。なるべくなら関わりたくない人たちです。

文化の理解とかいう話はあえてここでは触れません。メンズエステで働く女性のうち一定数存在する「タトゥー入り」セラピストについて触れます。癒しと安心感を得るために通うメンズエステにおいて、彼女らの存在はただただ面倒な存在でしかない。基本的にタトゥーの入ったセラピストに当たりはいません。雇用しているお店のことも信用しません。本当に癒すつもりがあるんですか?

都内の繁華街にあるお店になるほど増える傾向にある、タトゥーが刻まれたセラピストたち。比較的良心的なお店であればタトゥーありを確認し記載していますが、そんなお店はどちらかというと少数派。大半はその事実を隠し何事もなかったように扱っている。ガチで入れている人もいれば、シールを貼っているだけということも。面接や講習の際にそこまで細かく確認もしないんでしょう。

メンズエステはM気質のある男性向けの遊びだし、本来はセラピストに触れるのは禁止ということになっている。でも内容が内容だけに触りたくなることだってそりゃあるわけで。そこがどうなのかを探っていくことも楽しみの1つなのですが、タトゥーがあるとわかった時点でリスク回避でお触りは自粛。ドキドキなんてなくてそこには緊張感しか生まれない。最悪の時間が流れるのです。

まあだいたいこの手の女性は自己主張が強いドS系が多いけどね。中には触られるのが苦手だけど断るのも苦手なので、威嚇する目的であえてタトゥーシールを貼っているセラピストもいます。どんなにスタイルがいいとしても、マッサージが下手とかいう理由以上に、ハズレ感が強すぎる。タトゥー入りセラピストはメンズエステの世界からは全員いなくなって欲しいと心から願うばかり。

タトゥーの話とはちょっと違うのですが、かつて都内に金髪や喫煙者NGというコンセプトで採用活動をしているお店がありました。癒しという意味ではそういう制限も必要だと思うんですよね。ただ結果的に集まったのはメンズエステにしては物足りない、ぶっちゃけ地味でブスな子ばっかりでしたが。あればオーナーの趣味だったのかな? それはそれでまた違った問題が生じていました。

昔からのメンズエステ愛好家であれば、誰もが名前を知っている名店。今はどうなってしまったのでしょうか。ここの思い出もいつか記事にしますかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る