タトゥー入りセラピスト

メンズエステで働く女性のうち、一定数存在するのがタイトルにもあるような「タトゥー入り」のセラピストです。ガチで入れている人もいれば、シールを貼っているだけということも。よほどこだわって採用しているお店でもなければ、面接時にタトゥーの有無を確認することもないでしょう。あるいは講習時に薄着ならバレることもあるでしょうが、見えてもそのままスルーなのか。

都内の繁華街にあるお店になるほど増える傾向にある、タトゥーが刻まれたセラピストたち。文化の理解、とかいう話はあえてここでは触れません。基本的にタトゥーの入ったセラピストに当たりはいません。タトゥーあるセラピストなんてナシだと思っているし、そういうセラピストをどういうプロセスであれ雇用しているお店のことも信用できません。本当に癒すつもりがあるんですか?

タトゥーを見て真っ先に浮かぶのは「緊張と不安」です。攻撃的な女性なのではないだろうか、それなりに怖い人の女なんじゃないだろうかと。確かにメンズエステはM気質のある男性向けの遊びだし、本来はセラピストに触れるのは禁止ということになっている。でも内容が内容だけに触りたくなることもある。まあだいたいこの手の女性は触られるのNGだし、自己主張が強いドS系だけど。

そもそもタトゥーが入っているとわかった時点で、リスクを回避するためお触りは自粛します。中にはそういう事情を知っていて、威嚇目的でタトゥーシールを貼っているセラピストもいます。それはそれでなおさら悪質だなって思いますけどね。タトゥーと刺青は違うと言う人もいますがどっちも同じです。刺青の入ったセラピストはこの仕事をやる資格はないので、全員辞めてもらいたい。

タトゥーの話ではないけれど、かつて都内に金髪や喫煙者NGというコンセプトで採用活動をしているお店がありました。結果的に集まったのはメンズエステにしては物足りない、ぶっちゃけブスばっかりのお店になりましたけど。昔からのメンズエステ愛好家であれば、誰もが名前を知っている名店でした。残念ながら閉店してしまったようなので、ここについてもいつか記事にしますかね。

タトゥーありセラピストの存在しない界隈が実現することを、心から願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る