メンズエステは期待管理のビジネス

メンエスに通いどれほど最高のセラピスト(=お気に入り)に巡り合ったとしてもいつかは終焉が来ます。それには大きく分けると3つの原因がありまして、すなわちそれは「①女の子②お店③客自身」です。実際にはそれらが独立した原因というよりは、複合的なものとして関わってくると考えた方がいいのかも知れませんが。

①女の子

この場合は「お店を辞める」というのが大半の理由でしょう。またこれは③でも触れますが、本人がお店を辞めていなくても入って欲しくない客をNG扱いしていて「いるのに会えない」ということも希にあります。まあそもそもNGを喰らう時点で果たしてそれはお気に入りなのかという疑問が… ただ基本的にお気に入りというのは得てして一方的なものであることが多く、相手からどう思われているかということはむしろ別問題だったりする。

②お店

閉店してしまい女の子との連絡手段がなくなり、音信不通になるというのが最もわかりやすい。最近はセラピストがあたかも個人でTwitterをやっていて、DM開放してればフォローし合えば連絡取れたりします。ただ「あたかも個人で」という言葉には裏があり、アカウントをお店が管理していることも珍しくない。一見女の子個人とやり取りしているようで実は相手はお店の黒服ということも。んでお店がなくなれば店管理のTwitterも消滅。

③客自身(私生活の変化)

長期入院で行けなくなる、転勤等で通うのが困難になるなど挙げられる。今だと新型コロナもそうで様々なリスクを考えて自粛する賢明な方々も。そういったものを除くと、あとはお金が関わることがほとんどではないか。私生活上の理由でお金が必要になった… なら仕方ないにしても、大半はギャンブル浪費による資金不足。メンエス好きはギャンブル好きで「当ててメンズエステ」と臨戦し撃沈。まあ負けても別腹でという人も多いが。

③客自身(感情の変化)

お気に入りが見つからなくて飽きることも珍しくないが、いる前提として考えれば「予約が取れない」と気持ちが冷め始めるのかと。仕方ないので同店または他店で別のセラピストに入り新たにお気に入りを発掘… というのはよくある話だし、逆にそこでハズレを引き気持ちが萎えてメンエス自体に足が遠のくのもよくある話。指名客が突然来なくなるのは必ずしも施術(≒セラピスト)の問題だけとは限らない。気持ちとは常に変わるもの。

③客自身(やらかした)

色々な意味で「いい思いができた」全般を示します。客的には幸運な出来事なので再訪の要素になります。その一方でセラピスト側はまた来てくれるならOKと考えることもあれば本当に嫌だと萎えることも。出禁扱いというのはリピーターを増やしたい感情よりも来て欲しくない気持ちが上回るわけで、それだけ深刻なことである。出禁については別の機会に触れるとして、いずれにしても客は「お気に入り」に会えなくなることも。

一方で一定の目的を達成してしまうと安パイ扱いになり、積極的なリピートの候補から外れることも。出勤しているのを見つけてガンガン予約を取るのではなく、候補が決まらなくて困った時の選択肢という最後の砦のような扱いになるのは経験上あるあるな気がします。そう考えるとメンズエステは、他の女子ワークと同様に極めて絶妙な「期待管理ビジネス」であると言えます。期待管理という言葉についてこのあと詳しく触れましょう。

期待管理とは?

期待管理とはあまり耳慣れない言葉かも知れません。客側のエロい妄想を読み取って出し引きを調整していくビジネス手法のこと。昔から「駆け引き」という言葉がありましたが、基本的にはそれと全く同じです。不慣れな新人さんやリピーターが増えない女の子は、期待管理のコントロールが大きな原因になっているのではないか。もちろん選ぶお店や勤務時間帯、寛容さや容姿といった要素もありますが… それはここでは度外視します。

客が何を望んでいるか察知し、自分ができることとできないことの範囲と見比べた上で「何回計画でいくらまで」お金を巻き上げていくか決める。長きに渡りメンズエステの世界で一定以上の成果をあげて活躍してる女の子はこの手腕が見事。客は気づかないうちに術中にハマっているだけ。一方この手の仕事に不慣れな新人さんだとその辺がよくわからないため、リピート候補をみすみす逃したり不知をつけこまれ色々やってしまうことに。

初回訪問で今後の期待が何も感じられない、あるいは早期に寛容過ぎて相手のニーズを満たしきってしまう。かなり極端な2例だが最もわかりやすい「リピートしないパターン」ではないか。前者は真面目過ぎるのかメンズエステは風俗でないと言い張り、後者は求められると断れない性格なのか淫乱なのか承認欲求なのか。それまでの人生経験や恋愛経験、はたまた性体験の差なども関係あるかも知れません。ネタは小出しにするのが鉄板。

最後に

セラピスト側からすれば、1番ありがたいのは繰り返し来てくれるけど一線を越えようとしない男性。あわよくばお店の女の子と付き合いたいとか店外で会ってセックスしたいとか思っている男性は、リピーターにしやすいけれどいずれ面倒になる可能性が高い。よってどこかで強制終了する必要があるわけで。それまで当たり前のようにしてくれたことがある日突然すっかりなくなったのは、夢のような時間が終わったことを意味するのです。

ただまあ男性がメンズエステに行く理由は色々あれど、根底にあるのは認められたいとか褒められたいとか男として求められたいとか。そういうのってけっこう大きいと思うんだよなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る