メンズエステにおけるセラピスト採用

メンズエステの経営者(あるいは運営者)は、かつては男性が圧倒的に多かった印象である。ところがここ数年では女性店長や女性オーナーのお店が増えていて、セラピストがお店を選ぶ重要な要素の1つになりつつある。冷静に考えてみれば、メンエスで仕事したい女性にとってオーナーも店長も面接官も講習相手も全て男性だと不安要素になり得る。未経験には時としてダイヤの原石が埋まっていることもあるわけなので。

採用者が男性か女性がでセラピストの質に違いが出る、というのはあまり知られていない要素である。メンズエステ経営者あるいは運営者の特徴として、男性は自身も客としてお店に足を運ぶメンズエステ好きが多い。また逆に女性の場合は元セラピストという肩書を持つケースが大半である。それぞれの視点がセラピスト採用に大きく影響しやすいため、客側がメンズエステを選ぶ際の判断材料として活用できるかも知れない。

男性が採用する場合

おそらく「客視点」で採用することが多いのではないか。イメージとしてはもし自分がお店に行ったら出てきて欲しいような女の子。少々だらしなかったり頭が弱そうだったりでも、とりあえず綺麗か可愛いかエロいかであれば問題なくOKになる。自身の好みという観点が優先されるので、セラピストに手を出すケースが後を絶たない。セラピストは商品ではなく自分の愛玩対象としてしか見ていない方もいるのではなかろうか?

ただその採用担当者と客側の好みがマッチした場合、強烈なリピーターが生まれる可能性を秘めているのも事実ではある。経営者によっては見た目の好みだけでなく、施術内容も自分が客として受けたい内容を望むこともある。そうなると「過激店」と呼ばれるものになる。その一方で過剰サービスを好んでいても、客にはいい思いをさせる気のない経営者もいる。ルール順守の視点でなく単に嫌がらせの悪質なケースもあるかも。

女性が採用する場合

おそらく「セラピスト視点」で採用していると思われる。もちろん自分が客だとしたら、という視点も持ち合わせているだろう。しかし重要なのは「ちゃんと仕事してくれるだろうか?」という点であり、正直な話見た目や年齢で最上級でなくてもしっかりしている方を好む。そして自身が元セラピストであるため、自分がしたくないあるいはされたくないことを強要しないのも当然。あくまで商品というのが要素の中心なのだ。

しっかりというのは時間やルールの順守のことであり、それこそ客に気軽に股を開くセラピストはいらない。ただ女性の場合もう1つ重要なこととして、元セラピストとして「売れていたのか」という点について。プレイヤーとして凡庸であった場合は、苦労した経験があるからかセラピストに優しい傾向にある。一方で優れていた場合はセラピストにも同レベルを要求するためか、若い子や未経験者が定着しにくい傾向にある。

まとめ

そのお店がどんなお店なのか、を考える上で採用担当となる経営者や運営者で見る視点を持っておくと役に立つのではないだろうか。店によっては経営者が男性で店長が女性という組み合わせもあり、それぞれが採用面接をしているとそれぞれの極端な好みのラインナップになることも。こういうお店はいわゆる「当たりハズレ」の落差が大きくなるお店になりがちではあるが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る