メンズエステでのいけない体験 その4(女子大生とのSEX前編)

前回の続きです。それは偶然の出来事でした。そのお店は訪問しないもののホームページは時々チェックしていたのですが、新人加入といっても30代後半や40代のババアしか採用できないようなお店に久しぶりに20代前半の女の子が増えていました。しかも現役女子大生。女子大生にもピンからキリまで色々とあるわけだけど、これはちょっと顔を出してみようかなという風になったのです。

最近こそ女子大生が増えてきていますが、元々は圧倒的に低学歴が多かったのをよく覚えています。高卒や専門学校生(または卒)が多く、こういう分野に流れやすいのには色々と事情があるのは間違いないような気がします。例えばけっこうな割合で父親不在という身の上が多かったりとか。両親が離婚して、父親が養育費を最後まで払わない(払えない)ことが多いのは周知の事実です。

そんな経済的に困窮している中では進学もままなりません。それこそ地元の底辺公立高校を卒業してフリーターというような選択肢しかないわけですが、低収入で使用者に搾取される。それでも遊ぶお金は欲しいので副業でメンズエステの世界へ… というような流れですね。そして今度はそこで性的に搾取されると。メンズエステ(かつての回春)はそういう点では社会問題でもあるのです。

とあるターミナル駅で降りて徒歩数分のお店に向かう。何年ぶりかの訪問だけど相変わらずの外観で、お世辞にも素敵な建物とは言えない。しかもベランダには洗濯した大量のタオルが干してあるのが見える。エステみたいなことやってますよというのがバレバレなのも変わらない。たぶん玄関の扉を開けると湿気とカビ臭いのが一気に来るんだろうなぁ。環境としては最低レベルであろう。

そんな中で扉の先にいた彼女は予想を大きく上回るレベルだった。ショートカットで日焼けして色黒、歯は真っ白で並びがきれい。適度な肉付きにブラが透けている白ブラウスと今にもパンツが見えそうな黒のタイトミニ。童顔なこともあって現役女子高生でも通じるのではないかという女の子だった。クラスで1番かわいい存在ではないけど、それなりに愛嬌があり人気のある女の子かも。

ここは健全店なので破格の安さである。そもそも90分で11,000円のところが新人割もついてさらに指名料サービス。結局90分で9,000円程度で120分に変えても11,000円なのでその場で120分変更。最初は普通に真面目なマッサージから始まる。色々話を聞くと彼女は誰もが知っている有名大学に推薦で進学したという典型的な真面目ちゃん。受け答えもハキハキしていて非常に元気がいい。

普段は歯科助手のアルバイトをしているとか。メンズエステは別のお店でも少し経験があったけど、顔バレとかを考慮しお店を移ったんだと。前に勤めていた場所と通っている大学はけっこう近いようで、知人が来店するリスクはかなり高そうだったので正しい選択ではある。いい子だけどここは真面目なお店なんだよなぁ… とか考えていたら「仰向けでお願いします」コールがやや早い。

あれ、もう仰向けなの?? まあでもパンツ見えるのがこのお店のいいところなので喜んで応じた。まずは脚からかな… とか思っていたらいきなり股間周辺を、しかも軽く竿に触れるように攻めてくる。こんなことは今までなかった。尋ねると「高校生の頃に真面目だった分、大学でオープンになっちゃって…」と話す彼女の目はトロンとして色っぽい。そしてパンツはずっと見えている。

これはいけるかも、ということで彼女に訊ねる。「もうちょっとエッチなことしない?」すると彼女はとびっきりの笑顔で頷いた。

次回に続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る