売り子たちもシーズン終了の季節

10月ともなるとさすがにプロ野球の公式戦も終盤にさしかかります。最近はクライマックスとか色々とあって11月くらいまで野球やってるという極めて過酷な環境にあるわけなのですが、シーズンが終わると選手の引退や戦力外通告、監督やコーチの解任がニュースを賑わせます。極端な話ですが、この後の契約更改で減俸になっても来季もよろしくとオファーが来る選手はまだいい方なんじゃないかと。

野球が終わるということは、それにまつわるお仕事をしている人たちにとっても仕事が終わることを意味します。施設運営や警備に関しては野球がなくてもコンサートやイベントがあれば仕事になりますが、球場における飲食販売はほぼ今季終了となるものと思われます。最近はファン感とかも盛んに行われるのでそういう場面で出店や立ち売りもあるかも知れませんが、行ったことないのでわかりません。

つまり売り子の若くてかわいいおねーちゃんからビールを買う行為も半年くらいおさらばになるわけです。オフシーズンの彼女たちはいったい何をして過ごしているんでしょうか? 知り合いとかでいたらぜひ教えて欲しいのですが、おそらく別のアルバイトを掛け持ちしていていて立ち売りと並行して行っているか、時間に自由の利く登録制の派遣のようなアルバイトで過ごしているんじゃないのかなぁ。

野球選手に引退があるのと一緒で立ち売りの女の子も色んな意味で卒業していきます。何年も同じ球場に通い定期的に野球を観ていると、選手が入れ替わるのと同じかそれ以上のペースで売り子さんのラインナップが入れ替わるのがわかるとか。かなり仲よくなった子じゃない限り私的な話はしないので翌シーズンになるといきなり消えているなんてザラだし、5年も経過すると残っている女の子はほぼいない。

わかりやすいのは卒業や就職、就活や結婚で辞めていくケースでしょう。この仕事はフリーターか学生が主でしょうが、高校生からこの世界に入る女の子もいます。それこそ家庭の事情でアルバイトしなくては… ということでなければ本人の意識としては「勉学<バイト」という感覚であり、そうなると地元の中堅から下位レベルの高校生が主体となるでしょう。そうなると大学進学するのは少数派ではないか。

そうなると進学しても専門学校などになるので+2~3年、仮に高1から始めても5年前後で引退を迎えます。最近はこの仕事は女子大生に人気とのことで大学生からこの世界に飛び込む女の子の方が多いと思われます。いずれ就職活動することを考えると仮に大学1年から開始してもやはり3~4年がいいところ。先ほどの5年という数字の根拠ともほぼ一致し、ある意味で選手以上に短命という事実に気づきます。

一方で体力的にキツい仕事なのでムリだと言って即辞めしていく人もいるはずです。それこそ早い子だと1日とかでいなくなるんじゃないでしょうか。また仮に1年勤め上げたとしても、選手のように戦力外通告制度があるのかも知れません。売れるためにはそれなりの努力か内外いずれかの魅力が必要なわけであり、残酷なことを言えば売れない子には売れないなりの理由があるから売れないということでもある。

売るのが目的である以上は選ばれない子を使い続けてもしょうがない。彼女たちの給与はメインが歩合で、大きく稼ぐには売上高(=何杯売れたか)がどう考えても重要な要素になってくるわけです。売れる子はちゃんと客の顔を覚え、適度に仲良くなることで固定客を作りその中で回していけるようにしているはず。これは風俗やキャバクラの世界も一緒で、新規開拓が必要なのは最初と売れなくなった時だけ。

立ち売りという仕事は、一生続けない仕事であるからこそ魅力的に感じるような気がしてなりません。明日には、来月には、来年にはいないかも知れない儚さ。そこもまた風俗やキャバクラと似ているように思います。あの子いいなと思ってもタイミングが合わず買えなかった女の子が、それ以降会えずに終わってしまうことは球場観戦する男性なら誰もが1度は経験しているはず。思い立ったら手を挙げるべき。

個人的には「もうちょっとがんばればもっと売れる魅力を持っているのにもったいないなぁ」と思うような、適度な売り込まなさ具合で仕事してる女の子の方が好感が持てます。そういう子たちはトップ争いとかには無縁で、仲間と一緒に楽しくワイワイやれたらいいなって感覚で仕事しているのでしょう。使用者や経営者側からすれば悩みの種なのかもしれませんが、それはそれで素人商法っぽくてむしろいい。

久々に球場で野球観戦していて、周囲の客が立ち売りの女の子からビールを買いながら来シーズンの彼女らの去就について質問している姿を見ながらそんなことを考えていました。やはり「実は今年限りなんですよね」とかいう話を聞くと寂しくなるものなんでしょう。何にせよあの世界で数年生き残っていけたガッツがあれば、おそらくこの先どんな世界でも活躍できるだけの優秀さを持ち合わせているはずです。

彼女らの次のステージでの活躍を祈りつつ、最近あまり頻繁には野球観戦に行けてないのですが2017年シーズンを締めくくりたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る